霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


Tropico 3
性懲りもなくゲームで遊んでいます。少し前にご紹介した インペリアム ローマ と一緒に買った Tropico 3 です。大統領(プレジデンテ)となって小さな島を運営していく箱庭ゲームの傑作です。

去年の5月には日本語版も発売されているのですが、残念ながら私が買った時点では英語版だけしかありませんでした。が、実はこのゲーム、2001年に発売された Tropico のリメイクで、私はこちら(の日本語版)をかなりやりこんでいたので特に問題はありませんでした。むしろ、リメイクでありながら以前とは違う気分で楽しめました。



夕暮れ時の目抜き通りです。
いやぁ、最近のゲームは本当にグラフィックがきれいですね~。私は無印の少しザラッとした質感の絵が大好きだったのですが、このリメイクでも、あのザラッと感がうまく表現されています。

音楽の良さも健在です。陽気なサルサのリズムで、一時(いっとき)今生(こんじょう)の辛さを忘れることができます(笑

一番の魅力は、政治力学です。ゲーム序盤は農夫、港湾労働者などプロレタリアが多く、彼らの意を汲んで共産主義的な政策を行うと支持を得やすいのですが、後半、第三次産業が発展してくるに従って資本主義者が力を持つようになります。
また、不満分子は"rebel"となって島の施設を攻撃するので、彼らを鎮圧するためには軍隊が必要です。発電所や空港などには大卒者が必須なので大学を建てると、今度は知識人が軍縮を求めてきたりします。
アメリカ、ソ連との外交も重要で、一方と仲良くすると他方を怒らせることになるし、怒った一方から侵攻されても他方は助けてくれないし、で、小国の悲哀を感じることができます(´・ω・`)

Love it or leave it.


一つ感銘を受けたのは、"Immigration Office"で"Love it or leave it."という政策を選択できることです。ようするに「この国が気にくわなければ出て行け」というわけです。



日本でも見習いたいものですね(笑

| ゲーム | 22:01 | comments (0) | trackback (0) |
インペリアム ローマ
(アニメを見るのに)忙しくてヒーコラしているのですが、無謀にも去年買って積んでおいたゲームまで始めてしまいました。

インペリアム ローマです。

今、史実ミッション(と言うものの、どの程度史実に則っているかは不明)をやっていますが、少なくともローマ史に対する興味をそそるという意味では成功しているゲームではないかと思います。



内容は、市民の要求を満たしながら町を発展させるという典型的箱庭ゲームです。最初は小麦の粥で満足していた市民が、次第にパンとソーセージを求めるようになり、しまいにはサーカス・マキシマスやコロッセウムを要求するようになる、といった具合です。
各生産段階に達するにはそれ以前の段階の設備が必要、という意味では Tropico などに似たシステムですね。

もっとも、Tropico ほど難しくはありません。あれは、電気を引くには発電所が必要→発電所を建てるには大卒者が必要→大学を建てるには高校が必要→高校には教師として大卒者が必要、みたいな感じでしたからね(´ω`;)

こちらは一つのシナリオが30分からせいぜい1時間くらいで、サクッとプレイできます。遊びやすさから言えば、SimCityに近いかもしれません。ただ、SimCityにはない要素として、軍事があります。とはいえ、これもかなり簡略化されていて、特に工夫しなくてもたいていの場合勝つことが出来ます。



基本的には内政重視のゲームですね。まぁその内政も割と簡単で、出来上がった町をまったりと眺めるのが本来の楽しみ方かもしれません。↓



ローマ人は、粗末な家屋を「マガリア」、普通の家を「カーサ」、立派な家を「ドムス」、超立派な邸宅を「ヴィラ」と呼んで区別していたそうで、このゲームでも、最初マガリアしか建てられませんが、都市が発展するにつれてドムスやヴィラへと変化していきます。出世魚みたいですね(笑
ちなみに、チョロチョロと動き回っている市民には、一人一人ちゃんと名前、職業、財産などの属性があります。職がなく私財の蓄えもない人は、犯罪者となって、町の建物に火を付けたりします(・∀・ ;)
また、正常な都市運営のためには市民の2倍以上の奴隷が必要です。奴隷には一切人格が認められておらず、現代で言うところの機械みたいな扱いです。
このへんの乾いたセンスはさすが洋ゲーといったところです(笑

尚、公式ページに64bit版Vistaには未対応との表記がありますが、手元の64bit版Windows7では快適に動作しています。

| ゲーム | 21:18 | comments (2) | trackback (0) |
まったりシムシティ
懐かしのシムシティ3000を実況プレイする動画にはまっています。なぜか、他人がゲームをするのを眺めるのって、楽しいんですよね。まして、この動画を作った人は非常に喋りが上手く、今すぐFMラジオとかでDJをやっても通用しそうな感じで、飽きさせません。



なんなんでしょう、このまったり感。
すばらしい。


| ゲーム | 01:28 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS