霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


阿知賀女子はなぜ標準語か
久しぶりの更新です。

咲-Saki-全国編」を見ていて思ったのですが、このアニメ、方言の使われ方が独特です。大阪の「姫松高校」の生徒は関西弁(らしき言葉)をしゃべるのに、同じ関西(奈良県)の「阿知賀女子」は標準語です。

福岡の「新道寺女子高校」も、奈良長野からの転入生の花田 煌(はなだ きらめ)だけは標準語、それ以外は「なんちゃって博多弁」でした。ちなみに、新道寺の子たちのアクセントは南九州のそれでした。たぶん、方言指導などが無い中で声優さん達が「九州っぽく」するために努力した結果だと思いますが、実は北部九州の方言のアクセントは基本的に標準語と同じです。

なので、博多弁のマネをするときは、単純に語尾に「~たい」や「~ばい」を付けるだけでかなりそれっぽくなります。下手に(本州人のイメージする)「九州っぽい」発音をしようとすると、薩摩弁になってしまいます。

---

それはさておき、「咲-Saki-」です。

「全国編」で言えば、鹿児島県代表の「永水女子高校」と岩手県代表の「宮守女子高校」。この2校もほぼ標準語でした。鹿児島、岩手はなまりが強い地方であるにもかかわらず、です。

恐らく、「全国編」はこの2校の回想シーンなどを多用し、視聴者に感情移入させていく構造になっていたのがその理由でしょう。聞き慣れないアクセントでしゃべる人達に感情移入できますか? できませんよね。無意識に方言キャラは異質の存在として見てしまいます。もっとはっきり言えば、方言をしゃべっている時点で敵キャラです。

永水と宮守はそんな敵キャラではなく、見ている人に「できれば勝たせてあげたい」と思わせなければいけないのですから、必然的に標準語になるわけです。

---

ただ、約一名、主人公サイドなのに方言をしゃべっているキャラいますよね。「~じゃけえのぉ」とか言う人。あの緑の髪の毛の。もしかすると、敵の回し者かもしれません(笑)
| 漫画・アニメ | 20:16 | comments (4) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   09 - 2018   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS