霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


二次創作の呼称問題
問題と言ってもたいしたことではありません。作品の中でキャラがキャラを呼ぶときの呼び方の話です。
ゲーム「鋼鉄のガールフレンド」の中で、シンジが綾波のことを「レイ」と呼ぶシーンがあるのは有名です。多くの人が「原作ではシンジは『綾波』と名字で呼ぶのに」と突っ込んだそうです。こういうのってすごく気になってしまいますよね。
例えばマナがシンジを呼ぶ場合、ゲームでは途中から「シンジ」と呼び捨てにしていましたが、二次創作でそれに倣うのはどうか……。アスカとかぶってしまうのではないか、と思うわけです。同様に「碇君」では綾波とかぶってしまいます。結局、「シンジ君」が良いのではないかと思います。現にたいていの二次創作ではマナはシンジをそう呼びますし、ゲーム「碇シンジ育成計画」でもそうです。
一方、シンジの方はマナをどう呼べば良いのでしょう。これは「霧島さん」で良いと思います。ちょっと他人行儀ですが。では、アスカがマナを呼ぶときは? 漫画「碇シンジ育成計画」では、アスカはマナを「霧島さん」、マナはアスカを「惣流さん」と呼んでいます。このように、あまり親しくない女の子同士では名字をさん付けが一番リアリティがありますね。
さて、当サイトでも呼び方でいろいろ悩むわけですが、一応、シンジとマナは互いに名前を呼び捨て、としています。鋼鉄1st準拠です。難しいのがマナとアスカの関係で、小説の中ではかなり親しい関係になるので互いに呼び捨て、それ以外ではアスカは「マナ」と呼び捨て、マナには「アスカさん」とさん付けで呼ばせています。アスカはヒカリとの関係などから見ても、少し親しくなると呼び捨てだろうと思いますので。マナの方は「惣流さん」ではちょっと大仰な感じなので「アスカさん」が良いのではないかと。
最近、北米版のエヴァを見る機会があったのですが、シンジは綾波のことを"Ayanami"、綾波はシンジのことを"Shinji"と呼んでいました("Ikari-Kun"ではなく)。いやぁ、呼び方って本当に難しいですね。

| サイト関連 | 21:57 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/12
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   09 - 2018   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS