霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


信州の地で裸族を続ける北原美桜さんの思い出
リビングに LAN-HGW450/CV という無線LAN子機を設置しました。もともと DLNA サーバ付きの NAS から無線LAN で飛ばした電波を PlayStation 3 で受けて動画を見ていたのですが、たまにカクカクしてしまうことがあったのです。というのも、PS3 の無線LAN は 802.11 b/g までしか対応しておらず、一番良く動いて盛り上がる場面でコマ送りのようになってしまうので困っていました。

LAN-HGW450/CV は、5GHz 帯を使う 11a/n に対応していて、理論上の最大スループットは 450Mbps です。まぁ、動画視聴には 20Mbps もあれば十分なのですが。

というわけで、アニメ視聴が快適になったので、録画一覧の先頭の方にあった「あの夏で待ってる」を一気見しました。



イラストは信州の地で裸族を続ける北原美桜さんです。

イチカ先輩


このアニメ、声優に恵まれています。特に戸松遥さんの演技が光ります。ヒロインのイチカ先輩は「宇宙から来たお姉さん」といったところですが、この難しい、そして重要な役を見事に演じきっています。

正直に言えば、演出には少し安易なところもあります。例えば、主人公を含む高校生たちが「謎の液体」を飲んで酩酊するシーンなど、いっそのこと「酒」として表現するか、さもなければやめるべきだったと思います。

しかし、それを補って余りあるのがイチカ先輩の魅力で、特に、囁くように「だめ、言わないで……」と主人公の告白を遮ったところでエンディングに入る回は痺れました。

相手に告白させない、もしされそうな雰囲気になったら逃げる、というイチカ先輩のキャラクターは、「めぞん一刻」の響子さんを思い起こさせます。友人曰く、交際をためらうのは、響子さんはバツイチだから、イチカ先輩は宇宙人だから、とのこと。確かにその通りで、彼女たちが魅力的なのは、逃げられると追いかけたくなる心理からかも知れません。

美桜は阿澄佳奈だった


柑菜と海人とイチカ先輩の三角関係だけでなく、柑菜が好きな哲朗や、その哲朗が好きな美桜など、交錯する恋愛模様が描かれているのも特徴です。

特に美桜は不思議なキャラで、家ではいつも裸です。本人は自分のことを「裸族」と言っていましたが、どちらかというとヌーディストと呼ぶ方が正確な気がします。まぁ呼び方はともかく、美桜は外でもうっかりパンツを穿くのを忘れていたりするそうで、夏でも涼しい信州の地で、大事な腰を冷やしてしまわないか心配です。

演じるのは阿澄佳奈さんで、最近では「ニャル子さん」のイメージが強いですが、美桜のようなシャイなキャラもやってたんですね。

たまには見直すのも良い


「テレビを録画してもどうせ二度と見ない」という人がいますが、私は結構見直しています。「あの夏」もそうですが、リアルタイムで見ていたときはさして感銘を受けなかったのに、録画を見直すとこんな良作だったのかと驚くことがあります。ちなみに、一番それを感じた作品は「true tears」ですね。

恐らく、その時の精神状態によって感じ方が違うのでしょう。時間と共に知識が増え、鑑賞眼も肥えて、前見たときは気がつかなかったことに後になって気づく、ということもあります。

ただ、あまり「復習」に熱心だと、新しい作品を見逃すことにもつながりますので、ほどほどにしないといけません。――って、どんだけアニメをたくさん見ようとしているんでしょうね、私は(笑)
| 漫画・アニメ | 18:10 | comments (2) | trackback (0) |
進撃するのは人か巨人か
進撃の巨人」。素直に読めば進撃しているのは巨人のように思えます。実際、私もそう思っていました。しかし、英題の「attack on titan」から推測すると制作者側は「進撃しているのは人」と考えているようです。

突然ですが、英語のお勉強です。
attack は他動詞(稀に自動詞で、スポーツなどで「先攻する」という意味になることもある)ですから、動詞として使う場合は前置詞は要りません。

例: We attack the enemy.

名詞形では on, upon, against などの前置詞を取ります。

例: We make a vigorous attack on the enemy.

attack しているのは We で、されているのは the enemy ですよね。
尚、前置詞が of だと、~の襲来という意味になります。

例: an attack of mice

この場合、進撃しているのはネズミです。

もし、進撃しているのが巨人なら、an attack of titans でしょうが、 上述の通り attack on titan なので、巨人は進撃されている方です。

「進撃」の語感


もう一つの根拠は「進撃」という言葉の語感です。似た言葉で「襲撃」は悪いイメージなのに比べ、「進撃」には良いイメージがあります。なんか、格好いい感じというか。

あの気持ち悪い巨人が格好良く「進撃」するというのも奇妙な感じがします。やはり「人が巨人に対して進撃する」と解釈するのが妥当でしょう。

語感と言えば、titan は、手元の Oxford Advanced Learner's Dictionary には a person who is very large, strong, intelligent or important とあります。単にデカい人という意味の他に、とても強いとか賢いとか重要とか、言わば「偉人」のような意味にもなるようです。

一方、 giant は、a very large strong person who is often cruel and stupid となっていますので、こっちの方が適訳だったかも知れません。
が、複数形だとジャイアンツになってしまうので、無理だったんでしょうね(´ω`;)
| 漫画・アニメ | 21:07 | comments (2) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2013   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS