霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


続・PCが壊れかけ
最近、スタートアップフォルダに入れているにもかかわらず起動しないアプリがある、など、不可解現象に悩まされている私のメインマシンですが、先日なにげなく「イベントビューア」を見ると、恐ろしい光景が……(・∀・ ;)



このスクリーンショットは一部ですが、実際にはもっと大量のエラーで埋め尽くされていました。

さすがにこれはヤバいと思ってチェックディスク(ディスクチェック? どっちでしたっけ?)をしたところ、現在は小康状態のようです。それに、冒頭のスタートアップが効かないトラブルは恐らくソフトウェアの相性の問題で、このディスクエラーは直接は関係ないのかも知れません。が、どうもHDDが寿命なのは確かなようです。享年6歳。ってまだ死んでませんね(´ω`;)

本当に壊れる前に気がついたのは不幸中の幸いでした。

----

というわけで、今日、仕事の帰りに近所のショップで新しいPCを注文しました。
予算10万、といったところですが、「とりあえず、i7 で」と希望を述べると、店員さんが見積もってくれた金額は16万超え。
こういうのはできるだけ高いパーツを買わせようとするものですからね。
うまく取捨選択すれば予算内で i7 で組むことも可能だったと思いますが、今回はいろいろ調べるのも面倒なので、i5 で妥協しました。ケース、電源、Intel Core i5、 メモリ4GB、HDD500GB、OS、DVDマルチドライブ付きで、費用は9万ジャストでした。自作に詳しい方から見ると、「下手な買い物だなぁ」という感じかも。
まぁ、こっちも情報収集をしていなくて相場を知らないので、多少足下を見られても仕方ありません。

それから、店員さんが「組み立てはどうなさいますか?」と聞きさえしなかったのがちょっと面白かったです。当然自分で組み立てるという前提みたいでした。
私はな~んにも知らない素人のフリをしていたのに(実際殆ど知らない)、どこからか自作ヲタ臭が漏れていたようです(´ω`;)

パーツは送って貰うことにしました。持って帰っても良かったのですが、徒歩にしては若干大荷物ですからね。明日あたりに届くと思うので、週末にのんびり組み立て&OSインストールしようと思います。


| ネット・PC | 22:35 | comments (2) | trackback (0) |
サイト作成のススメ
この「霧島マナの日記」は私が始めて作ったWebサイトです。2chの同名のスレに投稿したネタ的なものをサイトにまとめたものなので、サイト名を「霧島~」としましたが、元のスレもなくなってしまった今、ちょっと痛々しいですね(´ω`;)

痛いついでに白状すると、このサイトを始めようと思ったきっかけは、「涼宮ハルヒの憂鬱」です。



このアニメをご覧になった方はご記憶だと思いますが、ハルヒの命令でキョンが「ホームページ」を作らされるエピソードがあります。その様子がなんだか楽しそうだったので、「よし、オレも」と思ったわけです。ああ、恥ずかしい(´ω`;)

特に、「カウンターが2万以上回ってるわ、凄いじゃない」という台詞には、「本当に2万もの人が見てくれたら凄いことだな」と思ったものです。(もちろん、実際にはカウンタが2万だから来訪者も2万人、というわけではありませんが)

----

無料スペースがおすすめ


さて、サイトを作ったなら配置するスペースが必要です。「霧島~」のトップページ以下大部分を置いているのはOCNの加入者に与えられるスペースで、古いサービスなので容量はわずか10MBですが、広告がない、重くなりにくい、といったメリットがあります。なにより素晴らしいのは、このOCNの回線は実家で親が使っているものなので、私は一円も払わなくて良いという点です(笑
メモ掲示板は別途、blendmix.jpという無料スペースを借りています。

無料スペースは信頼性に劣る、業者の都合でいつサービスが終了してしまうか分からない、という意見もありますが、サーバレンタル会社どころか銀行でさえいつ倒産するかわからないご時世です。有料だから安心というわけでもありません。

それに有料のスペースですと、金の切れ目が縁の切れ目、お金を払い忘れていると消されてしまいますが、無料のスペースなら原則そのサービスが続く限りサイトは残ります。ある意味、無料の方が安心とさえ言えます。
ただし、○ヶ月間更新のないサイトは削除します、と宣言している業者もあるので注意が必要です。



バックアップにはWindows Sky Drive


バックアップには Windows Sky Driveを使っています。天下のMicrosoftですから、信頼性はかなり高いです。高いはず。高いと思いたい……。
少なくとも自前でバックアップするよりも長期間データが残るのではないかと思います。自前だと、HDDの場合、たとえRAID5でも落雷で一気にパーということもあり得ますし、USBメモリやDVD-Rも故障や破損が心配です。自分の操作ミスによるデータ喪失もあり得ます。
まぁ、操作ミスについては Windows Sky Drive にも言えることですけどね。

なお、この Windows Sky Drive、Microsoft による説明では他のユーザーとの共有を前提にしているようにも読めますが、もちろん、自分専用として使うこともできる、というかそれが主流ですので、ご安心下さい。容量は25GBです。
なんか、今回はMSの回し者みたいだな(笑

とりあえず作ってみては


2ch などを見ていて思うのは、漫画やアニメにしろ、小説にしろ、目の肥えた人が多いんだな、ということです。私もずいぶんいろいろ見ていますが、彼らはもっと見てるし、とにかく詳しい。
それはそれで良いことなのですが、どうも私も含めてみんな頭でっかち過ぎるのではないかと思うのです。眼高手低というやつですね。

人間、インプットするばかりでは太ってしまいます。
たまには、自分の手を動かして、なにかやってみるのも良いのではないでしょうか。
そういう意味でも、サイト作りは手頃ですし、なにより楽しいので、オススメです。


| サイト関連 | 20:20 | comments (2) | trackback (0) |
美琴のパンツのナゾ
狙ったタイトルですみません。

もうすぐ、「とある魔術の禁書目録Ⅱ」が始まりますね。
私はこの作品、レールガンのアニメから入って、一期と漫画をちょっとずつ見たという程度のニワカも良いところなのですが、大好きです。
一期で明かされなかった謎も気になります。あの水槽に逆さになってぷかぷかしてた人はなんなんでしょうね~

そういった謎の一つ、というほどではありませんが、
美琴のパンツについて少し(・∀・ ;)
このグッズ↓からも分かるとおり、ミサカたちは水色の縞パンを着用しています。

←てっぺんが美琴(笑

ミサカの縞パンはアニメでも描かれてましたね。また、レールガンでは子供から「ねーちゃん、普通のパンツ持ってないのか?」と突っ込まれていましたが、たぶん、美琴のあの短パンの下はこれなのでしょう。


なにはともあれ、10月からの新番組が楽しみです。

----

あと、発掘した4コマ↓です(´ω`;)




| 漫画・アニメ | 21:21 | comments (2) | trackback (0) |
オカルト学院のナゾ
最近ハマって見ているのがこのアニメ、世紀末オカルト学院です。
なによりヒロインのマヤが、やたらいい女ですね。



確かにツッコミどころは多いかもしれません。
そもそも、オカルトのなんたるかはなかなか難しいテーマですが、一般的には、なんらかの事柄を合理的な検証に基づかずに信じてしまう、非科学的な思考法を指すのだと思います。
が、フィクションの世界で超常現象が起きるのはオカルトでも何でもなくて、むしろ普通のことですよね。

おそらく、このアニメで使われる「オカルト」という言葉はもっと狭い意味で、70年代だか80年代だかの「オカルトブーム」で取り上げられた題材を指すのでしょう。

だから、スプーン曲げであり、モスマンであり、ノストラダムスの大予言なわけです。

----

実際、私はそのような「オカルト」に興味を持ったことはありませんでしたし、半ば軽蔑さえしていたのですが、クラスのアホな子たちが雑誌「ムー」の記事で盛り上がったりしていたのが、本当は羨ましかったのかもしれません。

このアニメを見ていると、そういうアンビバレントな感情が呼び覚まされる気がします、
……と言うと、よっぽど寂しい子供だったみたいですね(笑
実際は私が子供の頃すでにオカルトブームは下火だったのですけどね。

----

一つ疑問なのですが、マヤは第一話で父親が悪霊に乗っ取られても毅然と対処したほどの女傑なのに、なんで二話で文明の裸を見ただけであんなに狼狽したんでしょうね。

まぁ、面白かったから良いんですけどね~(゚∀゚)

| 漫画・アニメ | 16:35 | comments (0) | trackback (0) |
萌え系は衰退中?
「ネギま!」の赤松先生が日記で萌え系、特にハーレム系は衰退傾向にある、と書かれています。

(~前略~)
「萌え系が終息」というのは確かにそんな感じで、
昨年あたりから、以下の現象が起こっているように思います。
(1)男性主人公の不在
女性キャラしか出てこないアニメが台頭し、
従来まで男性が感情移入してきた”女性にドキドキする男キャラ”が少なくなった。
(2)男性の購買力の低下
今はアニメも漫画も、主に女性が買っている。
オリコンのコミックランキング上位はほとんど全て女性向け。(※2010/3/13の日記参照)
(3)男性視聴者が、女性キャラに感情移入できる技術を持つに至った。
特に「マリみて」以降。「けいおん!」でも、
キャラを性欲の対象として全く見ていない男性ファンが増えている。
”あの輪の中に入りたい”という願望を超えて、すでに登場人物の誰かになっている達人も。
(~後略~)

第一人者の赤松先生が分析されているならそうに違いありません。

個人的に2期を待望しているアニメに、「かんなぎ」と「にゃんこい!」があるのですが、これらはいずれも典型的なハーレム系ですよね。
ファンの期待にもかかわらず2期がなかなか決まらないのは、原作の進み具合(特に「かんなぎ」は最近まで休載していました)もありますが、ハーレム系はトレンドじゃないという業界の判断もあるのかも。

(´・ω・`)

ちなみに、エヴァがハーレム系かどうかは意見が分かれるところでしょうが、客観的に見ると、主人公が男性であり、美少女・美女が多数(でもないか)登場するのですから、やはりハーレム系の一種なのかも知れません。
でも、こちらは、いまだにもの凄い人気な上に、女性ファンの比率も高いですから安泰ですね~。

| 漫画・アニメ | 21:04 | comments (0) | trackback (0) |
カレイドスターすごい
2006年ごろに初めてエヴァを見て、何かに目覚めてしまい(?)、以来ものすごい勢いでアニメを見続けています。そのなかでも屈指の傑作と断言できるのが、この『カレイドスター』です。



放送されたのは2003年ごろですが、不覚にも、当時の私はまったく知りませんでした。いやぁ、あぶなく人生損するところ(おおげさ)でした(・∀・ ;)

サーカス少女の成長を描くという、王道のようであまりなかった話です。
いわば、『ガラスの仮面』のようなスター誕生ものと、スポ根との混合ですが、それに加えて昼メロ的な、ある意味ベタだけど日本人好みのストーリーでした。

例えば、主人公の そら は、明るく開放的で、何ごとにもあたってくだけろという性格の持ち主です。ところが、あるとき「親とケンカした話」でみんなが盛り上がっているときに「わたしは親とケンカしたことないな……」と言って、みんなをはっとさせます。
実は そら は、幼いときに両親を事故で亡くしており、育ての親はとてもいい人たちなのですが、やはり遠慮があってぶつかり合うことができないようなのです。このように明るい中にも影があるという特徴は そら の境遇だけでなく、作品全体に渡っています。

他にも、第二期後半、ユーリがレオンを挑発するのは、実は自分に復讐させるために敢えてしていたのだった、とか、レイラが一度離れたステージに戻ってきたのは そら に負けるためだった、など。

浪花節、と言ってもいいほどのこぶしの効いたストーリーですが、実際に見た感じはコミカルで、またアメリカ西海岸が舞台ということもあり、オシャレな感じです。

----

それと、作品の本質とはあまり関係ありませんが、設定年齢の若さに驚きました。 そら は16歳、レイラは17歳、ユーリは18歳なのだそうです。そら はともかく、レイラが17歳って……。『けいおん!!』の梓くらいの歳だったとは!
もっとも、初登場時の年齢ということで、物語の後半にはさすがに20歳くらいにはなっていると思います。

----

ちなみに上のジャケット写真は「ミニアルバム」の写真です。なんか本編と違って妙に色っぽい絵ですね(´ω`;)
でも、この作品、音楽についてはちょっと微妙なのが泣き所なんですよね……。曲は良いのですが、歌唱力的に厳しいのがいくつかありました。この点だけは玉に瑕と言っても良いかも知れません。


ともあれ、大人も子供も安心して見られる上に、非常に面白い作品ですので、未見の方はぜひご覧下さい。

| 漫画・アニメ | 22:35 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   08 - 2018   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS