霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


阿知賀女子はなぜ標準語か
久しぶりの更新です。

咲-Saki-全国編」を見ていて思ったのですが、このアニメ、方言の使われ方が独特です。大阪の「姫松高校」の生徒は関西弁(らしき言葉)をしゃべるのに、同じ関西(奈良県)の「阿知賀女子」は標準語です。

福岡の「新道寺女子高校」も、奈良長野からの転入生の花田 煌(はなだ きらめ)だけは標準語、それ以外は「なんちゃって博多弁」でした。ちなみに、新道寺の子たちのアクセントは南九州のそれでした。たぶん、方言指導などが無い中で声優さん達が「九州っぽく」するために努力した結果だと思いますが、実は北部九州の方言のアクセントは基本的に標準語と同じです。

なので、博多弁のマネをするときは、単純に語尾に「~たい」や「~ばい」を付けるだけでかなりそれっぽくなります。下手に(本州人のイメージする)「九州っぽい」発音をしようとすると、薩摩弁になってしまいます。

---

それはさておき、「咲-Saki-」です。

「全国編」で言えば、鹿児島県代表の「永水女子高校」と岩手県代表の「宮守女子高校」。この2校もほぼ標準語でした。鹿児島、岩手はなまりが強い地方であるにもかかわらず、です。

恐らく、「全国編」はこの2校の回想シーンなどを多用し、視聴者に感情移入させていく構造になっていたのがその理由でしょう。聞き慣れないアクセントでしゃべる人達に感情移入できますか? できませんよね。無意識に方言キャラは異質の存在として見てしまいます。もっとはっきり言えば、方言をしゃべっている時点で敵キャラです。

永水と宮守はそんな敵キャラではなく、見ている人に「できれば勝たせてあげたい」と思わせなければいけないのですから、必然的に標準語になるわけです。

---

ただ、約一名、主人公サイドなのに方言をしゃべっているキャラいますよね。「~じゃけえのぉ」とか言う人。あの緑の髪の毛の。もしかすると、敵の回し者かもしれません(笑)
| 漫画・アニメ | 20:16 | comments (4) | trackback (0) |
麻雀の「振り込み」って英語で何て言うの?
咲-Saki-全国編」が佳境ですね。

それぞれのキャラが独自の「能力」を持つという設定、言わば「能力バトル」を受け入れることができるかどうかが、この作品を楽しむためのカギです。ちなみに、私は楽しくて仕方ありません(笑)

咲の世界における麻雀は、どうやらこちらの世界の野球のように青少年(少女)がこぞって青春を捧げる人気競技のようです。麻雀をすることに対する後ろめたさのようなものは全く感じられず、あっけらかんとしたものです。

でも、咲ばかり見ていると忘れてしまいがちですが、現実世界では麻雀は博打の一種であり、麻雀が好きだとか得意だと言ってもあまり良い顔をされません。

「涼宮ハルヒの憂鬱」第十話、孤島症候群・前編にもそんなシーンがあります。キョンの妹が不意に「振り込みって何?」と言って、みくるが苦笑します。そう、実際はこんな感じですよね。

で、思い出したのが、とあるファンサブ(ファンが勝手に作った字幕)でこのキョンの妹の台詞を"What does banking mean?"と訳していたことです。

いやあ、banking じゃないんだよなぁ(笑)

訳した人は麻雀を知らなかったんでしょうね。

では、麻雀でいう振り込み、放銃のことを英語で何というかというと、普通は"discard the wrong card"です。直訳すると、「間違ったカードを捨てる」。カードじゃなくて牌であることを強調すれば、"discard the wrong tile"ですね。

ただ、場を回すために敢えて振り込む場合だってあるので"the wrong tile"と言い切ってしまうのもためらわれます。なので、"discard a tile that is useful to somebody"の方が正確かも知れません。回りくどい言い方ですけどね。
| 漫画・アニメ | 20:11 | comments (0) | trackback (0) |
Lei Navi のキャラは霧島レイ
テレビで Yupiteru のポータブルカーナビゲーション「Lei Navi」のCMをやってますよね。

lei navi

恐らくは Yupiteru の社運をかけたこの製品、音声認識によってキャラクターと会話しながらドライブができるというものです。

で、そのキャラの名前が「霧島レイ」。

ど、どこかで聞いたことある名前ですね……(・∀・ ;)

しかも、姿は初音ミクそっくりだし……。

とどめにCVは沢城みゆきさんです。

お値段は42,000円だそうです。もう買うしかありませんね! べ、べつにステマじゃないんだからねっ!
| ネット・PC | 20:32 | comments (0) | trackback (0) |
ニセコイに見るヒーローの特徴
ニセコイ」面白いですね~。ラブコメの王道という感じがします。

近年のラブコメアニメのベンチマークである(?)「スクールランブル」と比べると、人間関係はさほど錯綜しておらずシンプルな三角関係です。いかにも「少年ジャンプ」的な(スクランはマガジン)わかりやすさが良いですね。

印象的だったのが、足が攣っておぼれそうになった千棘(ちとげ)を楽(らく)が助けるエピソード。

おぼれるヒロインを助けるのは定番中の定番ではありますが、それだけに我々がどういうところにヒーローらしさを感じるかをよく物語っています。

要するに「強さ・優しさ・行動力」ですね。

特に凡人に無くてヒーローにあるのが「行動力」で、おぼれている人を見たらためらいなく飛び込むのが基本です。「どうしようかな……俺に助けられるかな……浮き輪のかわりになるものを投げたらどうだろう……それとも体にロープを巻き付けて……」などと逡巡するようではヒーローとはいえません。

言葉より行動


おぼれるのをじーっと見ていて、他の誰かが助けたあとで「大変でしたね。さぞ苦しかったことでしょう。どうぞゆっくり休んで下さい」などと「優しい」言葉をかけても気持ち悪いだけです。

逆に、真っ先に飛び込んで助けた人が「ばかやろう! 泳げねえくせに水に入るんじゃねえ!」とキツい言葉を浴びせても、それはマイナスにはならないんですよね。

大事なのは「飛び込んだか、飛び込まなかったか」です。

でも、人工呼吸はためらう(笑)


ただ、マウストゥーマウスの人工呼吸を、嬉し恥ずかしいイベントとして扱っているのはあまりいただけませんね。命がかかってるんだから、ためらいなくやるべきです。

まあ、人工呼吸をキスに準じるものとして描くのは漫画・アニメでは定番で、それに従ったまででしょうが、ちょっと陳腐じゃないかと思います。

好きと言えない


これも基本ですね。この要素がなければラブコメとは言えないわけで……。もっとも、「ニセコイ」では楽と小咲(こさき)は両思いながら言い出せない関係、楽と千棘はお互いに相手が好きなのかどうか自分でも分かっていない状態ですね。

なんにせよ、現実の世界では好きなら好きと言った方が男らしい気もしますが、フィクションの中ではどうしても好きと言えないのが「シラノ・ド・ベルジュラック」以来の伝統みたいです。
| 漫画・アニメ | 20:45 | comments (0) | trackback (0) |
Pixivにおける人気作品の法則
絵なんて、好きに描けば良いんでしょうけど、Pixivに投稿していると、ついつい評価数やブクマ数を気にしてしまいます。

そこで開き直って、評価の高い作品を自分なりに観察したところ、「Pixivにおける人気作品の法則」のようなものが見えてきました。

1.明暗のはっきりした絵


レンブラントの「夜警」のように、明暗のコントラストが強い方が好まれるようです。

2.女性が描かれていること


男性が女性の姿に反応するのは当然として、女性も美人は好きなものです。

3.エロ過ぎない


かといって、エロ過ぎてはいけないようです。エロいものは人を引きつける反面、敬遠する人も多いですからね。特にPixivの場合、性的描写がある絵はR-18タグを付けなければいけませんが、そうすると、見てくれる人はぐっと少なくなります。

4.グラデーションを多用


人の目は色彩や明暗のグラデーションを見つけると美しさを感じるようです。人気作品には例外なくグラデーションが多用されており、非常に細かいところまで塗り分けられています。

5.人気作家の作品


既に人気がある人の作品は、当然注目されやすいです。ただ、「最初の一枚」でも、もの凄く良い絵なら「ルーキーランキング」や「デイリーランキング」に載って、注目を集められるかもしれません。

---

以上を踏まえて、描いてみたのがコレです。



いかがでしょう。

ランキングに載るような作品と比べてしまうと画力の差は如何ともしがたく、センスもまだまだですが、一応「法則(5.以外)」に則ってみました。

まあ、数字など気にせず描くのが一番なんですけどね。って話が最初に戻ってますね(笑)
| ネット・PC | 17:06 | comments (0) | trackback (0) |
真希波の実年齢

たまにはエヴァの話を。結局、真希波って何者なんでしょうね。



Qでチルドレンが14年後であるにもかかわらず同じ姿であることからして、やっぱりずっと前からあの姿ってことでしょうか。「三百六十五歩のマーチ」だけなら単にレトロ趣味なだけかもですが、天地真理の「ひとりじゃないの」も歌ってましたからね。

実年齢はかなりいってるんですかね、やっぱり...orz

あと、既に色々なサイトで百万遍は考察されているでしょうが、「ゲンドウ君」と「オリジナルはもう少し愛想があった」との発言。特に「オリジナルは~」の方は、そのデリカシーの欠如ぶりが何ともおばさん臭いです(笑

ルックスはとてもクールで好きなんですけどね~

思えば、綾波がユイと同じDNAを持つという設定にしても、シンジから見ると「好きになった女の子が、実は母親のクローンだった」という酷い話なわけで、その流れからすれば真希波も「実は還暦過ぎてた」とかも十分ありえますね...orz

まあ、シンジが真希波を好きになることはないでしょうけど。
| エヴァ関連 | 20:49 | comments (2) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS