霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


ヤマト2199と浣腸のナゾ
宇宙戦艦ヤマト2199」、面白いですね。

端正な画調と、旧作の勘所は踏襲しつつ少し変えてあるストーリー。女性キャラを増やしている点も、賛否両論あるでしょうが個人的には大賛成です。特にアキラ(山本玲)がお気に入りです。クールビューティー且つ男勝りで、今までありそうでなかったキャラです。

みぎげん、ひだりげん


ところで、皆さんは「右舷」、「左舷」という言葉をなんと読むでしょうか。素直に読めば「うげん」、「さげん」ですよね。この読み方は大抵の辞書にも載っており、決して間違いではありません。旧作のヤマトでも「うげん」、「さげん」と読んでいました。

ですが、旧日本海軍では「みぎげん」、「ひだりげん」と読んでいたそうで、旧ヤマト(アニメ)の「うげん」、「さげん」を間違いと断じる声も多くありました。「うげん」、「さげん」は一音しか違わず、騒然とした艦内で聞き違えることもあるかも知れませんが、英語では右舷を starboard、左舷を port と言い、これなら間違いようがありません。草創期に英国海軍に範を取った日本海軍でも、聞き取りやすいように「みぎげん」、「ひだりげん」と読むことにしたのでしょう。

2199 ではそれに配慮したのか、「みぎげん」「ひだりげん」と読んでいます。

かんちょう


ただ一つ、気になって仕方がないのが「艦長」のアクセントです。

少なくとも、私の中では「艦長」は頭高(あたまだか)型の発音になるはずです。しかし、このアニメでは多くの場合、平板型で発音しています。念のため、「NHK日本語発音アクセント辞典」で調べてみると……



両方載ってますね。

どうやら平板でも間違いではないようですが、やはり「艦長」はンチョーと発音して欲しいものです。カンチョー(平板)だと、浣腸みたいですよね……(´ω`;)
| 漫画・アニメ | 20:25 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/152
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS