霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


スクフェスの罠
今さらながら、「ラブライブ! スクール アイドル フェスティバル」、通称スクフェスで遊んでいます。

いやぁ、このゲームは本当に凄いですね。よくある子供だましのキャラゲーではなく、きっちりお金を儲けるために作り込まれています。音楽に合わせて降ってくる輪っかをタイミング良くタップしていくというゲームメカニクスはもちろんスクフェスが元祖というわけではありませんが、かなり中毒性があるのは確かです。

それに加えて、カードゲームの要素があります。最初はお気に入りのキャラ(私は絵里が好きです)を手に入れれば満足していたものが、次第にもっとレアで強力なカードが欲しくなってくるんですよねー。ちなみにカードを引くことをこのゲームでは「勧誘」と称します。



ただ、何枚もカードを引くと、同じカードが何枚も出てしまいます。普通はそこで幻滅を感じてゲームをやめてしまったりするものですが、スクフェスでは「特別練習」というコマンドがあり、2枚の弱いカードを1枚の強力なカードに変換することができます。つまり、カードの「かぶり」のつまらなさを解消するシステムが「特別練習」です。なぜ「練習」で二人が一人に合体できるのかわけがわかりませんが、それこそが「特別」たるゆえんなのでしょう。

で、カードを引くには「ラブカストーン」というゲーム内通貨が5個必要で、もし課金してラブカを手に入れるとすると、なんと1個120円もします。ゲームをクリアした報酬などで結構気前よくラブカをくれるので、無課金でもそこそこ遊べるのですが、「とにかくレアなカードが欲しい!」という人は課金するしかありません。その辺のバランスが絶妙にできています。

もう一つ巧いと思うのは、ラブカを使わなくても「友情Pt」という別種のゲーム内通貨でも「勧誘」ができるということです。友情Ptは他のユーザーと友達になり、プレイ時に友達の助けを得ることで獲得できます。ただ、この「友情Pt」で引くことができるカードは大半が「ノーマル」です。が、稀に(確率5%)レアカードが出ることがあります。

ノーマルカードは要するに雑魚キャラなのですが、私はわりと魅力を感じています。例えばこの子(森嶋ななかちゃん)とか。



このように、無課金でもそこそこ楽しめるようになっているのは、このゲームにハマらせて後々課金させようという罠(!)なのかもしれませんが、できるだけ抗ってみようかと思います(笑)
| ゲーム | 21:32 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/179
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS