霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


クロスアンジュに見る、もてる男の条件
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」を見ているのですが、すぐにアンジュだったかアンジェだったか分からなくなって困ります。

それはさておき、物語は佳境です。アンジュの妹のシルヴィアは今度はリィザを鞭打っているわ、サリアたちがエンブリヲの側につき、あの機械の腕を持つ司令、ジルまでがかつてエンブリヲと関係していたことが明らかになるわで、えらいことになっています。

それにしてもエンブリヲ、ちょっともてすぎですね(笑)

イケメンだからもてて当然という考えもありますが、よく見ていると、もてるためにはどうすれば良いかのヒントがある気がします。

サリアは自分を必要とする人を欲しがっているので必要だと言う。エルシャは母性本能が強く子ども達を守ろうとしているので、園長先生にする。クリスは友達を欲しがっているので友達になる。

すべてこういう具合です。特にクリスが「エンブリヲ君は本当の友達……」と言っていたのには爆笑してしまいました。恋人じゃなくて友達なんですね。

このように相手が求めているものを与える、というのがもてるため、というか人間関係の極意のようです。まあ、その求めているものが何かを知るのが一番難しいのですけどね。
| 漫画・アニメ | 22:44 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/177
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   10 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS