霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


霧島マナの思ひ出
気がついたら去年の更新はゼロになってしまっていました。このサイトに付け加えたいことも、もうほとんど思い浮かばないのですが、この「メモ」だけはたまに更新したいと思います。

私は遅れてやってきたエヴァファンで、初めて見たのは2006年です。当時はTV放送から10年経ってエヴァブームもようやく下火となった頃でした。ご存じのように「新世紀エヴァンゲリオン」は、見る者の心をえぐるというか、不思議な心理状態にする作品です。見終わって一週間くらいはポカンとしてしまったのを覚えています。既にいい大人だった私でさえそうなので、思春期にリアルタイムで見た人はものすごいシンクロ率だったと思います(笑)

その傷ついた心(?)を癒やしてくれたのが「霧島マナ」です。

「鋼鉄のガールフレンド」には、庵野監督が関与していないオリジナルストーリーが世界観を壊すといった批判もありました。しかし、私は今もってこのゲームのあの切ないストーリーは原作にも通じるところがあると思っているし、霧島マナは立派なエヴァキャラだと思っています。

ただ、やはりマイナーであることは否めず、もう二度と公式の作品に登場することはないと思うと寂しい気持ちでした。

そんな時、ふと2ちゃんねるのエヴァ板を見ると「霧島マナの日記」というスレがあるではありませんか! 霧島マナはこんなところで生きていたのか、と奇妙な感動を覚えたものです。何ヶ月か更新が止まっていたので、僭越ながら私が続きを書きました。

脚本・監督の橋本立郎先生に熱いメールを送ったりもしています(汗)。ちゃんと、返事ももらいました。

うちのような「ファンサイト」はもう絶滅危惧種です。手間をかけてWebサイトを作るということが流行らなくなっているし、アニメ(やゲーム)キャラのイラストや、それが登場する文章を載せることは、ややもすると著作権侵害になりかねません。エヴァのイラストに関してはガイナックス社がガイドラインを出しており、当サイトはそれに従っています。文章について言えば、ゲームプレイ後の一種の「感想文」のようなもので、問題はないと考えています。

「霧島マナの思ひ出」と言いながら、なにやら「ファン活動のあり方」みたいな話になってしまいましたが、そういうわけでこのサイトはできる限り残していきたいと思っています。

---

最後に豆知識です。トップページの中ほどの↓ですが、



平日の昼間はマナが制服で、それ以外は私服だって知ってました? 我ながら凝ってますね~
| エヴァ関連 | 20:15 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/180
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS