霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


モーレツ宇宙海賊のナゾ
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。私はたまったアニメの消化でいっぱいいっぱいです(笑)

ついいましがたも「モーレツ宇宙海賊」の12話を見ていたのですが、グリューエル・セレニティさんが「この宇宙で真に普遍的価値を持つものはなんだと思いますか」と言ってました。さすが、お姫様は考えることが違います。
ですが、その次の台詞を聞いて椅子から滑り落ちそうになりました。

貴金属は貴重ではありますが、手間と時間さえかければいくらでも作り出せます

果たしてそうでしょうか。

「作り出す」という表現を「精錬」と理解するならば、確かにその通りです。しかし、精錬とは結局のところ不純物を取り除くだけのことで、「作り出す」のとは少し違うと思うのですね。

そう考えると、最も典型的な貴金属である「金」が、鉄や銅に比べてその精錬が容易であるにも拘わらず、依然として貴重である理由も分かってきます。

要するに自然界に僅かしか存在しないから貴重なのです。

どれほど人類が進歩しても鉛から金は作れない


金(Au)は言うまでもなく元素です。
化学の中学校的理解に従えば、ある元素が他の元素に変化することは絶対にないはずです。無論、絶対などと信じていて良いのは中学生までで、我々大人は核融合という現象を知っています。
例えば、太陽の中では盛んに水素原子が核融合を起こしており、ヘリウムに変化しているわけです。

それならば、鉛を金に変化させることも可能なのでしょうか。

そんなわけないですよね。我らが太陽さんの高温高圧をもってしても(笑)水兵リーベの水と兵までが関の山なわけです。太陽の数百倍の巨大な星ではホウ素ができたりもしますがせいぜいその程度です。七曲がりシップスクラークあたりは夢の又夢です。

では、我々の身の回りにも存在するもっと重い元素はどうやって出来たのかというと、ビッグバンなのだそうです。宇宙に存在するほとんど全ての元素がビッグバンから10分程度で作り出されたというから驚くべきことです。

逆に言えば、金や白金やイリジウムなどはビッグバンによってのみ存在し得るのであって、人工的に作り出すのは絶対に不可能なのです。

----

まぁでも、これは言いがかりかも知れません。何しろ、この作品(モーレツ宇宙海賊)の世界では、超光速移動が可能となっているのですから。金だろうと銀だろうと、どうにかして作り出せても不思議はありませんね。

このアニメ、オープニングの歌が酷い(褒め言葉)ので敬遠されがちですが、凝ったSF考証がなされた良作です。未見の方はぜひご覧下さい。
ちなみにエンディングの歌も酷いです(褒め言葉)。でも、だんだん癖になります。

| 漫画・アニメ | 18:12 | comments (6) | trackback (0) |
アニメ界の流行語のナゾ
流行語が自然に発生していた時代は既に久しく、今は流行語が作られる時代です。
そのことの是非はともかく、結果的に流行した言葉には、やはり世相を映し、時代の気分を反映させる何かがあることだけは確かです。

アニメ界でも「これは流行らせようとしてるんだろうな~」と思われる言葉が沢山あります。

ゲソ


ちょっと前に流行ったのは「侵略!イカ娘」の「~ゲソ」という語尾でした。これは恐らく無理やり流行らせようとしたわけではなく、イカ娘のキャラ付けとして考案されたのでしょう。どちらかと言えば、自然発生的流行語に近い感じです。言うまでも無く、鮨屋の符牒でイカの足のことをゲソということから来ていますが、お世辞にも綺麗とは言えない「ゲソ」の語感と、イカ娘のかわいさとのミスマッチが実に面白いです。
私など、~ゲソという文字を見ただけで、金元寿子さんの声で再生されて自然と萌えてしまうほどです。変態ですね(笑)

綺羅星☆


次に思い出されるのは、「STAR DRIVER 輝きのタクト」で多用された「綺羅星!」です。
綺羅とは綾織りの薄い絹のことで、綺羅星の如くという言葉は、「綺羅や星のように美しい」という意味であって、「キラキラ光る星のように美しい」という意味ではない、と呉智英さんの本に書いてあるのを読んだことがあります。
STAR DRIVERでの用法は、いわば意図的誤用でしょうが、最近聞かなくなったのは、綺羅の意味がどうのということではなく、やはり少し流行らせ方が強引だったということでしょう。

ホビロン!


花咲くいろは」については、以前にも書いたことがあります。民子というキャラが使っていた「ホビロン!」はそこそこ流行りました。「んとうに、っくりするほど、ろんがい」の略だそうですが、料理人を目指す民子だけに料理の名前になっているのが面白いところです。ちなみに漫画版ではホビロンではなく、サンナクチと言っているそうで、これも料理の名前ですね。
一方、主人公の緒花が終盤近くでよく言っていた「ぼんぼる(動詞)」は全くと言って良いほど流行りませんでした。この言葉は、願いが叶うという「ぼんぼり祭り」に向けて頑張るというような意味で、単に「頑張る」のに比べて、目的意識や希望が含まれている点で興味深い造語だったのですが、理屈っぽすぎるのが良くなかったのか上に述べたように全然流行りませんでした。

----

他にも、「生存戦略ーっ」とか「まるっ」だとか、枚挙に暇がありませんが、疲れてきたのでこのくらいにしようかと思います(´ω`;)
最初に流行語は作られると書きましたが、やはり、無理やり流行らせようとしたものはなかなか流行らず、自然にさらっと出た言葉、あるいは物語の中で必然性をもって使われている言葉が流行るものであるようです。

| 漫画・アニメ | 19:15 | comments (0) | trackback (1) |
コナ通のナゾとあの方の正体
「名探偵コナン」が好きです。

毛利蘭

イラストは、新一に、「お前のブラジャーを(ワイヤーで殺人が可能かどうか調べるために)見せてくれ」と言われて困惑する毛利蘭さんです。マニアックですね(笑)

----

この作品の秀逸なところは、黒の組織との戦いや恋愛といった縦糸と、毎回の事件という横糸によって、無限に物語りを紡ぐことができるという点です。とは言え、その「毎回の事件」を考えるのは大変なことだろうと思います。確かに、先行する活字のミステリなどを参考にした部分もあるでしょうが、それを作品の中にしっくりと収めるのは容易ではないはずです。ファンの期待に応えて、今も名探偵コナンの世界観を広げ続ける青山剛昌先生には本当に頭が下がります。

----

さて、ここで言うコナ通とは、剛昌プロのスタッフの方(たぶん、谷豊氏)が運営するサイト、「こなん通信社」のことです。

ナゾの一つ目は、なんと! このコナ通には18禁コーナーがあるということです! コナンフリークにとっては常識ですが、もし未見でしたら、どうぞご自身の目でお確かめ下さい。

二つ目は「シェリーのひとりごと」コーナーが今も続いているということです。こちらは別に驚くには当たらないように思われるかもしれませんが、アシスタントの方々の作ったページ(剛昌プロのお夜食レシピ等々)が殆ど更新されていない中で、一番忙しいであろう青山先生の書き下ろしのページがずっと続いているのです。

継続は力なり、ですね。

名探偵コナンの長期連載を可能としている第一の要素は、作品自体の面白さであることは言うまでもありませんが、もう一つ、青山先生のこの「継続力」によるところも大きいのではないかと思います。

----

ところで、コナンに関する最大の謎と言えば、もちろん、「あの方」の正体ですが、みなさんは誰だと思いますか?

私はベルモットだと思います。

ジェイムズ・ブラックでは芸が無いし、沖矢 昴は怪しすぎて逆に違う感じです。阿笠博士がくさいというのもネットでよく見かけますが、第1巻からしっかり読めば、彼が「あの方」というのはあり得ない、と断言できます。

「犯人」の性別が無意識に想定していたものと逆、というトリックはこの作品でよく使われているし、「あの方」のお気に入りだ、という台詞がしばしば語られる割に、ベルモットが実際に「あの方」と接している描写は(シルエットさえ)ないところを見ると、お気に入りではなく、「あの方」本人だと考えるのが最も自然なような気がします。

……思わず下手な推理を披露してしまいました(´ω`;)


まだまだ「名探偵コナン」からは目が離せません。


| 漫画・アニメ | 21:19 | comments (0) | trackback (0) |
バカテスと「凄い」ゲーム待望論
以前紹介したバカテスの iPhone / iPod 用ゲーム、ご褒美のグラフィックが増えるといいなと思っていたら、最近のアップデートでめでたく追加されました。また、答えを間違った場合に、正解が表示されるようになりました。
正直、それでも 350 円は高いと思いますが、売ったら売りっぱなしでなく、わずかでも継続してベネフィットを提供するという姿勢は評価できます。



ただ、少し辛口の意見を言うと、このゲームを含めて、昨今の国産ゲームの多くが「キャラゲー」の範疇を出るものではなく、手抜きの観さえあるのは残念なことです。iPhone 用に限っても、海外では、例えば Modern Combat: Sandstorm のように、非常に手が込んだものがたくさんあります。

「なにも複雑なゲームを作るばかりが能じゃない、シンプルで楽しいゲームを作れば良い」という人がいますが、そういうのばかりではやはり寂しいものです。
例えば上のバカテスの奴は、英単語を虫食いで出題して、そこに入るアルファベットを当てさせるという内容で、技術的にはこれ以上簡単なものはありえません。はっきり言えば子供だましです。まぁ、私にはちょうど良いのですけどね、精神年齢的に(笑) 

今流行のグリーやモバゲーも、子供だましのようなゲームで高い収益を誇っています。

アニメの人気に乗っかって、あるいはSNS的要素を充実させて、課金効率を追求するという方向性はあって良いでしょう。
ですが、グラフィックやシステムが画期的な、「凄い」ゲーム、暇つぶしではなく、大人が本気で没入できるゲームの火も消してはいけないと思います。そういう意味で、先日発売された PS Vita には頑張って欲しいし、6月の E3 での発表が噂される PS4 にも期待しています。例え、「凄い」ゲームの存在がアナクロであろうとも。


| ゲーム | 20:57 | comments (0) | trackback (0) |
真・カマキリ拳(`・ω・´)
先日SSDを導入したばかりですが、さらにマザーボードとビデオカードも交換しました。

と言うのも、実はSSD装着後しばらく快調に動いていたマシンが、急に起動しなくなってしまったのです。今まで、特に相性なども考えず買ってきたパーツを、適当に取り付けてもトラブルらしいトラブルを経験したことがなかったので、愕然としました。
ビープ音のエラーコードは「VGA未検出」であることを示しています(オンボードグラフィックはついていない)。当然、まずビデオカードがしっかり挿さってないことを想定して何度も抜き差ししました。しかし、エラーは改善せず、ビデオカードが壊れたものと判断しました。そして、よせばいいのに新しいビデオカードを、それもちょっと奮発して2万円もするやつ( ASUS EAH6850 )を買ってきてしまいました。

ちょっと痛い出費だったなと思いながらも、ま、いいか、性能もだいぶ上がるし、と自分に言い聞かせながら新しいビデオカードを挿して電源を投入すると、、

ピーピピピ

あろうことかビープ音が空しく響き、起動しません。

ここに至って、ようやくマザーボードがおかしいのかもしれないと思い始め、試しに2番目の PCIe_16x スロット( 8x 相当 ) にビデオカードを挿して見ると、なんと普通に起動するではありませんか。
最初に疑った、古いビデオカードについても状況は同じなので、これは明らかにマザーボードの異常です。恐らく、静電気かなにかで壊れてしまったのでしょう。

もっとも、 8x の方にビデオカードを挿せば一応は使えるわけでして、転送速度から言っても 4GByte/sec に達するし、友人からも「しばらく様子を見ては」とアドバイスしてもらったのですが、

しかし!

2番じゃだめなんですか?(スロットが)

と、どこかで聞いた台詞が脳内をよぎって、

だめです! 1番じゃないと!(スロットが)

というわけでどうしてもマザーボードごと交換したくなり、結局実行してしまいました。典型的なサンクコスト効果ですね。

----

おかげでWindows エクスペリエンス インデックスはオール7越えという、私にとってはややオーバースペックのマシンになりました。



でも、新しく買ったマザーボード( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 ) は、Ivy Bridge まで対応するとのことだし、オンボードのイーサネットコントローラは信頼性の高い Intel製だしで、なかなか気に入りました。ビデオカードも2スロットも占領する巨大なクーリングシステムを見るといかにも凄い音がしそうですが、実はファンの径が大きいだけに、かなり静かです。これも気に入りました。

それから、SSDの効果も徐々に感じるようになりました。やはりアプリがきびきび動くと、例え節約できる時間はわずかでも気分がよいものですね。

それにしても、今回はちょっと散財が過ぎました。
当分は節約モードです(ヽ´ω`)・・

| ネット・PC | 18:27 | comments (0) | trackback (0) |
続・カマキリ拳(`・ω・´)
カマキリ拳自宅用PCにSSDを導入しました。Intel SSD 520 です。
以前から、ディスクアクセスがボトルネックになっていることは分かっていたのですが、環境移行の手間のことを思うと二の足を踏んでいました。
OSやアプリケーションのインストールや設定をいちいちやり直すのも面倒だし、かと言って、ドライブイメージをバックアップできるソフトを買うのも嫌です(フリーソフトもありますが)。諸々考えると、あ~もう今のままでいいか~(~´ー`)~という感じだったのです。


ところが!

案ずるより産むが易し、やってみると簡単でした。

移行には Intel Data Migration Software を使いました。どうやら、Acronis の OEM のようです。
手順としては、まずSSDを繋いでから Data Migration Software を起動、あとは画面の指示に従ってHDDからSSDへとデータをコピーし、最後に古いHDDを外すか、あるいはBIOSで新しいSSDが先に来るようにブートシーケンスを変えます。
注意点としては、上記の Intel のツールは、Intel 製の SSD がマシンに繋がっていないと起動できないというのがあります(2012年2月16日現在)。

さて、パフォーマンスですが、十分体感できるものの、劇的と言うほどではありませんでした。今回SSD化したのはシステムドライブだけで、旧HDDをデータドライブとして繋いでいるので、そちらが足を引っ張っているのかもしれません。OSの起動は確かに速くなったけど、普段スリープで使ってて、あまり再起動しないしなぁ……。

とりあえず、Windows エクスペリエンス インデックスは向上したので良しとしようかと思います(´ω`;)



----

あと、イラスト、使い回しですみません。
ちなみに、カマキリ拳は、解放された物欲の暗喩的表現(?)です。


| ネット・PC | 21:15 | comments (0) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   08 - 2018   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS