霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


花咲くいろはのナゾ
今期のアニメも終わりに近づいてきました。私が特に気に入って見ていたのは、以前にも書いた「バカとテストと召喚獣 にっ」、「日常」、そして「花咲くいろは」です。

鶴来民子

イラストは「花咲くいろは」より鶴来民子さんです(*・ω・*) 。

この作品、舞台は石川県のとある温泉街。そのしっとりとした風景に、何とも旅情をかき立てられます。実際、モデルとなった湯涌温泉には行動派のオタクのみなさんが、たくさん訪れたそうです。何と、湯桶温泉では作品に出てくる「ぼんぼり祭り」も開催するそうです。
当然、湯桶温泉観光協会の全面協力を受けているわけですが、作品の中で「温泉組合」という組織が出てきて、意外なことに、やや否定的な描かれ方をしていたのは興味深いところです。まぁ、最後は丸く収まるんでしょうけどね。

北陸と言えば、「true tears」というアニメも石川県の造り酒屋が舞台でした。何となく似た感じのする「いろは」と「true tears」ですが、それもそのはず、 両作品とも P.A.Works という会社の制作になるもので、スタッフも大方共通しているようです。そう言えば、「いろは」の文化祭のシーンで true tears の比呂美(のポスター)がチラッと出ていました。

もっとも、受ける印象はかなり違って、true tears のヒリヒリした感じに比べると、いろはは随分とマイルドでした。典型的な三角関係(愛子も入れて四角か)だった true tears と異なり、遠距離恋愛、職場恋愛、仕事に対する情熱など、縦糸が何本もあるためか、あまり深刻になりすぎないのは美点だったと思います。

ただ、一部では、「各回の脚本が作家によってバラバラで筋が通っていない」という批判も聞かれました。確かに、例えば緒花の母親(皐月)が、子供をほったらかして駆け落ちするというダメ人間なのに、後半ではやたら有能な人物として描かれていたのは一見するとキャラがぶれているようでした。
しかし、私生活上の折り目正しさと仕事の能力は別、という表面的な解釈だけでなく、皐月がなりたかったのは旅館の女将ではなくジャーナリストであり、そのこと(自らの職業選択)に後悔はないものの、自分が後を継がなかったために実家が傾きつつあることに若干の後ろめたさを感じている、という描写はそれなりに説得力がありました。

皐月の性的な奔放さに関しては恐らく隔世遺伝でしょう。緒花とこうちゃんの子がヤバいです!(笑)


| 漫画・アニメ | 21:15 | comments (2) | trackback (0) |
クイズ!クイズ!
オンラインでクイズを作成できるサービスを始めました。



サブカル的なクイズ( e.g. エヴァ・カルトQ )はもちろん、使いようによっては学生さんの勉強にも役立つ(かもしれない)選択問題も簡単に作れます。

他の人が作ったクイズに挑戦して、成績をツイートすることもできます。
よろしかったら使ってみて下さい~。

| ネット・PC | 21:52 | comments (0) | trackback (0) |
ブログが壊れかける
当サイトは基本的に静的HTMLのみの手作り感覚でお送りしていますが、この「メモ」だけはブログ形式にしています。ブログシステムとしては"BlognPlus"を使っています。この"BlognPlus"、設置やスキンのカスタマイズが容易なのは良いのですが、若干不満な点もあります。
まず、コメントやトラックバックの管理があまり洗練されていないこと。そして、サーバーの設定によってはバックアップとリストアにやや難があることです。今回は後者に引っかかってしまいました。



記事IDが変わってしまう


上のような画面で記事データをインポートできるのですが、困ったことに記事IDを引き継ぐことが出来ません。つまり、「上書きインポート」を選んでも、記事IDが前と同じにならず、旧IDの末尾の次の数から新しく始まってしまいます。例えば記事が100本あるとすると元の ID は 1 ~ 100、新しい ID は 101 ~ 200 です。当然、URLも変わってしまいます。
恐らく、差分を追加的にインポートしたいのに、上書きされてしまって旧記事が失われるのを避けるための仕様だと思いますが、明示的に上書きを指定しているときにまでそれができないというのは、羮に懲りて膾を吹くようなものではないでしょうか。

改行の自動変換の扱い


結局、記事IDの問題はブログシステムをクリーンインストールし、まっさらの状態で記事データをインポートすることで解決しました。ところが、もう一つ問題になったのが改行の扱いです。
BlognPlus では、他のブログサービスと同じように、デフォルトで投稿時の改行を br タグに変換してくれます。なかなか便利な機能ですが、pre 要素や ul ないし ol 要素を使うときなどはこの自動変換をオフにしています。
困ったことに、記事データをインポートすると、この自動変換ロジックが不具合を起こしてしまうのです。具体的には、自動変換をオフにした記事の改行を表す内部的な制御記号がそのまま表示されてしまいます。これを手作業で br に変換していくのがかなりの手間でした。

UAの文字列


BlognPlus では、モバイルとみなされる UA を検知すると自動的にモバイル用のスキンが適用されます。ここでもちょっと引っかかってしまいました。
ドキュメントには「全ての携帯で同じスキンを使いたいときは UA として "docomo|kddi|softbank|vodafone|j-phone"を指定しましょう」と書かれているのですが、その通りにしても、なぜか携帯からアクセスするとPC用のスキンで表示されてしまいます。
冗談みたいな話ですが、なんと、"DoCoMo|KDDI|..."とすることで正常に機能するようになりました。どのバージョンからか Case Sensitive になったにも関わらず、ドキュメントにそのことが反映されていないのでしょう。

----

そういったわけで、この前の日曜は、メモだけ半日ほどダウンしていました。さいわい(?)、当サイトのメモなど見ている人はそうそういないので、気がつかれた方はあまりいらっしゃらないかもしれません(~´ー`)~

| サイト関連 | 21:06 | comments (2) | trackback (0) |
バカテスのナゾ
笑って見られるアニメが好きです。最近2期目が始まった「バカとテストと召喚獣」もその一つです。
今回はそんなバカテスのナゾについて語ります。

「ほっといて育つもの」って何?


1期のオープニングテーマ、"Perfect-area complete!" の冒頭に「♪ほっといて育つもの、なんだ、なんだろー♪」という歌詞がありますが、みなさんはなんだと思われますか?

私的には、姫路さんのおっぱいではないかと思います(*・ω・*)

肩こり姫路さん

姫路さん、将来(今も?)肩こりに悩まされるのではないかと心配です(*・ω・*)

もっとも、マジメな話、歌詞を良く聞いてみると「ほっといて育つもの」とは「あなたを想う気持ち」のようです。意外にリリカルですね。……なんだか、別のアニメの話に脱線しそうなので次へ行きましょう(笑

みかん箱って机の代わりになるの?


1期の第3話、惜しいところでAクラスに負けてしまった主人公達は机がみかん箱になってしまう、という例のアレですが、そのみかん箱、おなじみのダンボール製のやつが描かれていました。しかしながら、ダンボールの箱が机代わりになるはずがありません。どう考えたって強度不足です。
これは、学生時代の恩師から聞いた話ですが、昔はみかん箱というものは木製だったそうです。だからこそ、貧乏な人はみかん箱を机代わりにしていたわけですね。ところが、「みかん箱を机代わりに」という逸話だけが一人歩きして、ダンボールの時代になっても修正されなかったようです。
恐らく、原作者の井上堅二さんも、アニメスタッフも、そして、我々視聴者も、木製のみかん箱など見たこともない世代ですから、こういった勘違いが生じるのでしょう。

ってか、ほかに突っ込むところいくらでもあるだろうに、みかん箱にこだわり過ぎですね(笑

召喚「獣」っていうけど、けものじゃないよね?


これも、既に百万遍くらい突っ込まれているでしょうが、気になるところです。召喚獣というわりには、ちっこい人型の生き物(?)が召喚されます。さらに言うと、「召喚」というからには、異世界に住む生き物やら化け物やらを呼び出すことであるはずなのに、この作品では自分の分身のようなものが現れます。このへんが理屈っぽい人間には一番引っかかる部分かも知れません。

でも、まぁ、どうでもいいことですね、すごくかわいいし!

----

バカテスは、一見すると、冴えない男がなぜかモテまくるという、一昔前に流行ったハーレム物の典型のような話ですが、実は主人公の明久はなかなかに愛すべきバカで、しかも意外にまっすぐなところがあり、姫路さんや美波が惚れるのもよく分かります。人気声優・下野紘さんの演技も見事です。

それともう一つ、「テストはゲーム感覚で取り組むと案外楽しい」というメッセージが読み取れるのも感心すべき点です。思うに、教育崩壊が叫ばれて久しい今日……などという御託は無用ですね(笑

2期に至ってますます好調な本作品、この勢いのまま突っ走って欲しいところです。


| 漫画・アニメ | 20:48 | comments (0) | trackback (0) |
A列車で行こう9
懲りずに積みゲーを消化しようとしています。先週末はずっと「A列車で行こう9」をやっていました。



私は大昔に FM TOWNS で A列車で行こう4(A4)に凝っていたことがあって、Windows の時代になってからは A5 も少しやったことがあります。他にも洋物鉄道ゲームの名作、レイルロードタイクーンは 1,2,3 とも全シナリオクリアしています。と言っても、別に鉄というわけではなく、車両の名称などはさっぱり分かりません(´ω`;)

久しぶりに「A列車で行こう」で遊んで思ったのは、「ああ、日本人が作ったゲームだな」ということです。レイルロードタイクーンでは「他の鉄道会社」が登場し、彼らとの競争がゲームの主題となるのに比べ、A列車では競争が全くなく、のんびりと自分の町をつくり、好きな車両を配置して悦に入ることができます。

レイルロードタイクーンではEPS(一株あたりの利益)を高めることが株価を高めることに繋がり、資金調達を容易にし、他社から買収される危険性も低くなります。
逆に言えば、借金をしてでも他社が鉄道を引こうとしている場所に先んじて駅を作ってしまい、彼らの株を暴落させてしまえば、容易に買収可能になります。
このように攻撃的な遊び方をしたい人にはレイルロードタイクーンはうってつけです。

一方、きめ細かなダイヤを設定したり、徐々に育っていく町を眺めたりといった楽しみ方ではA列車シリーズに軍配が上がります。
私は凝り性なので、環状線、且つ、内回り・外回り+貨物用で複々線化してみました。



尚、レイルロードタイクーンは単線なのに対向する車両同士が離合できたりと、経済モデルのリアルさに比べて鉄道シミュレーションとしては実に大ざっぱです。

----

さて、「A列車で行こう」シリーズは、鉄道および子会社からの利益でまともに資金を増やそうとすると最初は結構難しいのですが、これには「株で簡単に稼ぐことが出来る」という抜け道があります。



このゲームでは、株価が極めて単調に安値と高値を繰り返していて、しばらく観察していれば誰でも容易に底値で買って天井で売ることができます。本物の株もこんなに簡単だったらいいんですけどね~。

自社株に関して、「今年は幾ら配当する」とかいったことは設定できません。そもそも、配当という概念がありません(他社の株を保有している場合に配当を受けることは出来る)。
増資もできないので、繰越(内部留保)が増えるばかりです。固定資産を持ちすぎていると資産税が凄いことになるので、投下資本をある程度回収したら売却してしまって、資金の形で持つ方が良いです。



ちなみに、以前は「事業税」もあったのですが、9 では省略されていました。事業税は地方税で、法人税はもちろん国税ですから違いはあるのですが、利益に応じて納めるという意味では似たようなものなので、いちいち分けるのも邪魔くさい、ということなのでしょう(笑)

----

それにしても見事なグラフィックです。



まったりと町を眺める「環境ソフト」としては最高です。ちと値が張る(参考価格 12,390円)ことと、要求スペックが高めなのがアレですが、箱庭好きの方には自信を持ってお薦めできます。


| ゲーム | 21:24 | comments (0) | trackback (0) |
カマキリ拳(`・ω・´)
カマキリ拳

ああ、私は何をやっているんでしょう……。

----

去年の10月に新しいPCを組んだばかりですが、i5 で妥協したのがなんとなく心残りだったので、i7 を買ってしまいました。



CPU(i7-2600)、マザーボード(P8P67)、メモリ(2GB x2)で、しめて51,000円也。メモリは流用でも良かった気がします。それから iiyama のディスプレイ(27インチ)も買いました。ついでに Painter12(アップグレード版) と SAI と各種ノウハウ本も。

つい、買いすぎてしまいました(´ω`;)

i5 から i7 ですから、あまり利口な買い物ではなかったかもしれません。
が、気分は上々です(~´ー`)~


| ネット・PC | 20:09 | comments (2) | trackback (0) |


  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<   02 - 2018   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS