霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


コナ通のナゾとあの方の正体
「名探偵コナン」が好きです。

毛利蘭

イラストは、新一に、「お前のブラジャーを(ワイヤーで殺人が可能かどうか調べるために)見せてくれ」と言われて困惑する毛利蘭さんです。マニアックですね(笑)

----

この作品の秀逸なところは、黒の組織との戦いや恋愛といった縦糸と、毎回の事件という横糸によって、無限に物語りを紡ぐことができるという点です。とは言え、その「毎回の事件」を考えるのは大変なことだろうと思います。確かに、先行する活字のミステリなどを参考にした部分もあるでしょうが、それを作品の中にしっくりと収めるのは容易ではないはずです。ファンの期待に応えて、今も名探偵コナンの世界観を広げ続ける青山剛昌先生には本当に頭が下がります。

----

さて、ここで言うコナ通とは、剛昌プロのスタッフの方(たぶん、谷豊氏)が運営するサイト、「こなん通信社」のことです。

ナゾの一つ目は、なんと! このコナ通には18禁コーナーがあるということです! コナンフリークにとっては常識ですが、もし未見でしたら、どうぞご自身の目でお確かめ下さい。

二つ目は「シェリーのひとりごと」コーナーが今も続いているということです。こちらは別に驚くには当たらないように思われるかもしれませんが、アシスタントの方々の作ったページ(剛昌プロのお夜食レシピ等々)が殆ど更新されていない中で、一番忙しいであろう青山先生の書き下ろしのページがずっと続いているのです。

継続は力なり、ですね。

名探偵コナンの長期連載を可能としている第一の要素は、作品自体の面白さであることは言うまでもありませんが、もう一つ、青山先生のこの「継続力」によるところも大きいのではないかと思います。

----

ところで、コナンに関する最大の謎と言えば、もちろん、「あの方」の正体ですが、みなさんは誰だと思いますか?

私はベルモットだと思います。

ジェイムズ・ブラックでは芸が無いし、沖矢 昴は怪しすぎて逆に違う感じです。阿笠博士がくさいというのもネットでよく見かけますが、第1巻からしっかり読めば、彼が「あの方」というのはあり得ない、と断言できます。

「犯人」の性別が無意識に想定していたものと逆、というトリックはこの作品でよく使われているし、「あの方」のお気に入りだ、という台詞がしばしば語られる割に、ベルモットが実際に「あの方」と接している描写は(シルエットさえ)ないところを見ると、お気に入りではなく、「あの方」本人だと考えるのが最も自然なような気がします。

……思わず下手な推理を披露してしまいました(´ω`;)


まだまだ「名探偵コナン」からは目が離せません。


| 漫画・アニメ | 21:19 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/105
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS