霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


フラクタルとそらかけ
フラクタル』、かなり気に入って見ています。
確かに、よく言われる通り、どこかで見たような設定、キャラクターは多いです。『ふしぎの海のナディア』『天空の城ラピュタ』『未来少年コナン』などなど。クレインはジャンに似ているし、フリュネとネッサはナディアの性格の厄介な部分と素直な部分が二つの人格に分離したかのようです。また、飛行船などの描写は明らかにジブリの影響を受けています。
しかし、舞台装置に目新しさはなくとも、物語の中核となっているのはあくまで「『フラクタル』によって人々が働かずとも食べていける社会ってどうなの?」という点であり、これは、かなり面白いテーマではないかと思います。
未見の方に説明するとすれば、ジョージ・オーウェルの『1984年』的な管理社会なのだけれど、あまり憂鬱な感じではなく、システムに人間が支配されているという意味では映画『マトリックス』のようでもあります。訳分かりませんね(´ω`;)

----

似たようなテーマが掲げられていたアニメに、最近では『宇宙をかける少女』がありました。こちらはもっと過激で、全ての人間を棺桶のような箱の中に閉じ込めてしまおうとする「ネルヴァリスト」なる者たちが描かれていました。箱の中は案外快適で、これまた働かずとも食べていけるのでした。こっちのほうが『マトリックス』風味が強いですね。

いくら快適とは言っても「人間は箱の中にでも入っとけ」というのはさすがに乱暴な話で、『そらかけ』は、大筋、それに反対する人々がネルヴァリストたちを打倒していく流れになっていました。

下山むつみ

イラストはそんな一人、下山むつみさんです。
とってつけたような髪型はかつらです(・∀・ ;)
実はむつみはICP(インター・コロニー・ポリス)の神凪いつきの仮の姿で、主人公の秋葉の通う高校に潜入捜査中なのです。
ちなみに年齢は設定上17歳だそうです。婦警さんなんだし、22歳くらいと思ったんですけどね。上司に「君は見た目高校生でも通用するから、潜入捜査をしてもらう」とか言われて「む、無理です!><」などと困惑して欲しかったです。そっちの方が萌えるのに!


| 漫画・アニメ | 21:49 | comments (2) | trackback (0) |
コメントをどうぞ

 働かなくても食っていける社会ですか~。
一見すると物凄く羨ましいですが、それだと
お金を稼ぐために働く人が減り、技術が進歩し
なさそうって言うのが個人的に一番の疑問です。
 17で警察とは物凄く頭が切れるんでしょうね。・・・?  もしかして高校卒業してなかったり・・
| むぅ | 11/03/04 21:43 | txNdiqYI |

いつもコメントありがとうございます!

そうなんですよね、実際アニメの中でも人々がフラクタルに頼り切ってしまってて、生きる知恵を失ってる、みたいな描写が多いです。

「宇宙をかける少女」は、最後の方はストーリーが少し散漫になってしまいましたが、なかなかの意欲作でした。
サンライズ初の「萌えアニメ」としても有名です(笑
| Adrienne | 11/03/04 22:07 | 0HlzaoTk |





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/75
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS