霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


CamStudioで長時間録画
前々回、テスト的に「ぷよぷよ」のプレイ動画をニコニコ動画にアップロードしましたが、今回はもう少し本格的(?)にやってみました。ゲームは以前紹介した「インペリアム・ローマ」です。
私の肉声による解説付きです(・∀・ ;)

録画には CamStudio を使ったのですが、このアプリ、長時間の録画にはあまり向いていません。ファイルサイズが2GBを超えると不具合が出てしまうようです。また、音ずれも発生しがちです。本来はデスクトップ画面のちょっとした録画に使用するものであって、ゲームなどは想定されていないからでしょう。

しかし、若干の工夫によって1時間程度の録画なら割と簡単に実現できます。

Xvid の Real-time を使う


今回は録画に Xvid を使いました。フリーで非常に使い勝手の良いコーデックです。設定によってはかなり高画質にもできるため、エンコードのソースとしても十分です。
ただ、今回はニコニコ動画用ということで、あまり高画質にしても意味がない(プレミアム会員でも1ファイル100MBまでに制限されている)ので、quantizer は 3 に設定しました。
あと、重要なのが Other Options で、Display encoding status のチェックをオフにしておくことです。こうしないとエラーが発生します。

Xvid

音ずれ防止にはフレームレートを25にする


CamStudio でなぜ音ずれが発生するかと言いますと、実はフレームレートの設定に問題がある場合が殆どです。ありがちなのが 30fps にしてしまうことですね。この場合、33.333…ms ごとに1フレームずつキャプチャする必要がありますが、このソフトは 1ms 未満の時間を扱えないようで、0.333…ms ずつ誤差が重畳して音ずれが発生してしまうのです。
そこで、フレームレートをちょうど割り切れる数字にすると上手くいきます。25fps くらいが適当でしょう。

CamStudio

x264 でエンコード


このようにして録画したファイルをソースとして、最終的に x264 でエンコードします。注意点としては、Avisynth スクリプトで読み込む場合、AVISource() ではなく、DirectShowSource() を使うこと、そして、convertfps=true にすることですね。これは実質的にフレームレートを変更する意味はなく、単に Avisynth に元のファイルのフレームレートを教えるためです。Avisynth を使わず、Aviutil 等で直接編集する場合は関係ありません。

さて、このようにして出来た動画が、次の二つです。よろしかったらご覧下さい~






| ゲーム | 11:56 | comments (2) | trackback (0) |
コメントをどうぞ
このサイトを参考にしたらcamstudioで長時間録画できました!ありがとうございます!
| nanasi | 14/01/04 02:21 | nHOp00JY |
お役に立てたようでなによりです~
| Adrienne | 14/01/04 14:43 | bkS0q/CM |





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/78
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS