霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


魔法少女まどか☆マギカ
訳あって、最近ほとんどアニメを見ていないのですが、「魔法少女まどか☆マギカ」だけは、続きが気になったものでニコニコ動画で補完しました。本来なら3月一杯で終了していたはずでしたが、震災の影響で放送が4月にずれ込んでいたのです。お蔵入りにならなくて幸いでした。
たぶん、ご覧になった方の大多数がそうだと思いますが、私のお気に入りはほむらです。実にかっこいいキャラでした。杏子から「お前、それでも人間かよ!」と問われて「もちろん違うわ。……あなたもね」と答えるシーンは特に痺れました。

すでに多くの人が多くのことを語っているので、いまさら付け加えることはあまりないのですが、何というか、悪趣味さと上品さがうまく合わさった作品でした。

そう、悪趣味と言って間違いないと思います。しかし、三流ホラー映画などでよくあるような残酷描写のための残酷描写ではなく、ストーリー上の必然性があっての残酷さ、おどろおどろしさなので、その意味ではある種の品格さえ感じました。さやかと杏子、ほむらとまどかの友情など、かなりセンチメンタルな要素もありました。
あと、蒼樹うめさんの独特のキャラクターデザインは最初なじめなかったのですが、だんだんクセになりますね(笑

鬱展開のアニメは昔からたくさんあって、エヴァなどはその典型的なものですが、魔法少女という畑でやったのは恐らく初めてではないかと思います。ファウストの一節がちらりと見えたりといったペダンティックな演出は、並の作品では失笑のタネになるところですが、この作品に限っては非常に効果的だったし、作り手の自負心の表れのようでもありました。

緻密でありながら、勢いを失わなかったのも特筆すべき点です。普通は「辻褄こそ合っているものの退屈」か「迫力はあるけど支離滅裂」になってしまいがちですが、この作品はそのどちらでもありませんでした。わずか12話で、こちらが見たかったものを描ききってくれました。良い意味で「お腹いっぱい」になりました。

4月27日からDVDレンタルも始まっているようなので、未見の方は是非ご覧になって下さい。


| 漫画・アニメ | 06:09 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/79
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS