霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


劇場版まどマギと児童ポルノ禁止法改正のナゾ
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]/始まりの物語」、及び「[後編]/ 永遠の物語」がニコニコ動画で見られるようになっていたので、物好きにも課金して見ました。



これらはテレビ版(というかBD版)を再構成したもので、新作ではありません。新しいヤツは「[新編]反逆の物語」として公開中です(が、私はまだ見ていません)。

基本的にテレビ版と同じ


で、前編・後編の方ですが、オープニングが変わっている他、主に冒頭部分で若干の新規映像があるにはあります。それから、音声は録り直したようで、記憶にあるものと少し違っていました。

それ以外は、ストーリーも含めてテレビと全く一緒です。

音声に関しては、テレビの方が良かったと思える部分も多々ありました。声優さんも同じ台詞をまた演れと言われてもやりにくいのでしょう。まあ、何であれ新しくなると「前の方が良かった」と思ってしまうという、ありがちな心理が働いているだけかもですが。

服を着てる!


唯一、「あ、絵が変わってる!」と思ったのが、最後の方、祈りを叶えたまどかとほむらが光に包まれながら言葉を交わすシーンです。元はシルエットながら裸っぽく描かれていたのですが、劇場版では服を着ていました。

……たぶん、あれですね。児ポ法対策。

自主規制?


現在のところ、2次元までは規制が及んでいませんが、将来どうなるか分かりませんからね。ただ、さすがにあの程度(テレビ版)の描写で発禁になることはないとは思います。思うけど、実際、20年前、30年前の漫画やアニメでは普通にやっていた表現が現在は不可能になっていることを考えると、例の「一部に不適切な表現が含まれますが、原作者の意図を尊重し……」が入るくらいのことはあるのかも知れません。あるいは全年齢向けとしては公開できなくなったりとか。

単に制作者が「服を着てた方が美しい」と思ってやったのなら良いのですが、もし、いわゆる「萎縮効果」による自己規制だとしたら残念なことですね。

| 漫画・アニメ | 20:39 | comments (0) | trackback (0) |
コメントをどうぞ





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/159
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS