霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


エヴァの疑問
初めてエヴァを見たとき、ずいぶん「つかみ」の良いアニメだと思ったものでした。まずオープニングのかっこよさ。ヒットするアニメは必ずオープニングが印象的なものですよね。
そして演出の巧みさ。冒頭、衝撃波で電線がブルブルッと震えるあのシーンで、すっかり飲まれてしまいます。エンターテイメント作品に於いては、見る人に、なにほどか感情移入してもらう必要がありますが、見事にそれに成功しています。1話の後半、「こんなの乗れるわけないよ」というシーンでは、本当に「乗れるわけない」と思ってしまうし、傷ついてなおエヴァに乗ろうとしている綾波を見せつけられると、「僕が乗ります!」という気持ちになってしまいます。視聴者も。
アスカ
そんな巧みな演出によってぐいぐい引き込まれてしまうので気がつきにくいですが、この作品、疑問点も多いですよね。
そして、一口に疑問と言っても、設定あるいはキャラクターの言動に関する矛盾、ないし不可解な点と、作品を通底するテーマに対する疑問とに分けられると思います。後者についてはなかなか難しい問題なので後回しにするとして、今回は前者、単純な疑問から挙げていきます。

独12式自走臼砲はなぜ横転しない?


これは疑問のうちに入らないかも知れません。
通常、列車砲はレールを後退することで反動を吸収します。ですが、エヴァ6話の「独12式自走臼砲」は、横向きに発射するのでおかしい、とずっと思っていました。が、今見直してみると赤と青のいかにも電線っぽいものが砲に繋がっていて、これはレーザー砲、もしくはビーム砲であることを示していますね……。ビーム兵器としては作品中で荷電粒子砲がしばしば登場しますが、これだと非常に大がかりになる(と作品中でも描写されている)ので、恐らくレーザー砲でしょう。反動が全くないように見えることとも符合します。いきなり一個疑問解決しました(・∀・ ;)

戦艦の主砲は水中で発射できるのか?


第8話。
そもそもエヴァに二人で乗るというのも、第1話で起動確率が0.000000001%であるなどと、エヴァの起動が非常にシビアなものとして描かれていることとそぐわない気もしますが、そこは制作者が起動できると言っているのだからできるのでしょう。ただ、この8話あたりの明るいノリは、シリーズ後半の、アスカがエヴァを起動できなくなってしまうというシリアスな展開と、かなりちぐはぐになってしまっていますよね。
余談ですが、この0.000000001%という言い方もちょっと変です。パーセント、百分率というのはこのようなとても小さい数を表すときには普通使いません。1.000e-09 (10のマイナス9乗)の方が科学者っぽいですよね。%だとさらにその百分の一、1.000e-11ということになりますが……、それだと一千億分の一という極めて低い確率になってしまうので、%は余計だったのだと思います。

さて、本題の主砲発射です。第8話の最後で、ミサトは、戦艦数隻を自沈させ使徒の鼻先(口の中?)で一斉に主砲を発射、その後自爆することを提案、実行しますが、これってどの程度リアリティがあるのでしょうか。いや、もとよりわけの分からない「使徒」みたいなのが暴れ回る世界ですから、リアリティもへったくれもない、と言えばそれまでです。が、敢えて考えてみたいのです! まず遠隔操作による主砲発射が可能か、ということが問題ですね。これは恐らく不可能なので、決死隊が残って発射したのでしょう。そう考えると意外に悲劇的な話です。さらに、水中で発射できるのか、という問題。これも無理っぽいですよね。う~む。
もしかすると、2015年という「未来」の話ですから、戦艦も近代化改修を受けていて、遠隔操作や水中発射なども楽々できるのでしょうか。いや、しかし……。
また余談ですが、ミサトが「キングス弁」と言っているのは、正しくは「キングストン弁」であり、これは庵野監督の記憶違いに基づく間違いである、とも、いや、分かっていて敢えて「キングス弁」という言葉を造った、とも言われています。

マヤが無知すぎだったり、知りすぎだったり……


11話冒頭、青葉、マヤ、リツコの三人が、ガラガラの電車(地下空洞には一般人は居ないためでしょう。手抜きを正当化する上手い設定ですね(´ω`;))に乗り込むと、冬月と鉢合わせします。そして、冬月がマギについて言及すると、マヤが「マギ……、三台の人工知能がですか?」と意外そうに聞きます。
でも、マヤってそのマギを日夜使っているエキスパートじゃないんですかね……。どうも、上の台詞は説明的に聞こえました。

一方、マヤはダミープラグについて「感心しない」と述べていることからして、ミサトさえ知らなかったダミーシステムの真相について、ある程度知っていると思われます。アニメではダミープラグにレイの素体が使われている直接的な描写はありませんでしたが、レイの素体(たち)を破壊したリツコを、ゲンドウが、「なぜダミーシステムを破壊した?」と叱責していることから、それ(素体の使用)は明らかです。また、もしダミープラグが電子回路のみで構成されているとしたら、パイロットに過大な負担を掛ける現状のシステムより人道的なはずで、マヤが「感心しない」ことと矛盾します。
恐らく、プラグの中に「体」があり、電気信号で擬似的に「心」を作り出すことで、エヴァを「騙す」のがダミープラグなのでしょう。

このように、マヤの描かれ方も回によって結構ブレがあったように思います。まぁ、彼女を通じて視聴者に設定を説明する必要があった(他にも例えば、「拘束具!?」「そう、あれは装甲ではないの……」のように)ので、仕方のないところですね。

---

旧テレビシリーズに数々の疑問点、というか演出上の無理があったことは制作者サイドも重々承知だったと見えて、新劇場版ではそのうちいくつかで合理的説明が試みられています。例えば、3話ではシャムシエルと戦う途中、エヴァにトウジとケンスケを乗せています(あ、上で8話の「相乗り」について書きましたが、ここですでに相乗りしてましたね)が、この際、どうやってあんな高い位置にあるエントリープラグまで登ったのかよく分かりませんでした。
「序」ではこの場面、縄ばしご状の昇降機が描かれていて、疑問が解決されていましたね。このように、後付けではあっても設定が緻密になっていくのはファンとしては嬉しいものです。

他にも疑問は尽きないのですが、長くなったので、続きはまた別の機会にしようかと思います。
もし、上で取り上げた疑問について「これは、こうなんだよ」みたいな別の解釈をお持ちの方、あるいは現在進行形の疑問がある方がいらっしゃったら、ぜひコメントでお知らせ下さい。

| エヴァ関連 | 21:26 | comments (21) | trackback (0) |
コメントをどうぞ

1の-9乗ではなく、10の-9乗ですよね。
そもそも戦艦自体が第2次世界大戦が終わってからは作られていないので、2016年に存在するはずが無いですが。
主砲の遠隔操作は、現代の戦闘艦なら主砲の制御は艦内からとはいえ、遠隔操作みたいなものだから、外からの遠隔操作もと思ったけど、水中じゃ電波が届かないか。
タイマー、もしくはプログラムで使途に接触したら発射とか。
砲撃自体は水中でも出来るのではないかと。雨や海水をかぶる事だってあるんだから、防水は大丈夫なはず。
砲弾が水の抵抗を受ける分、砲身の負担は増えるだろうけど1発くらい平気でしょ。

疑問としては、そもそも陽電子砲が大気圏内で撃って平気なのかがあります。
大気中の電子との対消滅による減衰と、その際に出るエネルギーがものすごい
| ウェッジ | 09/11/28 23:13 | gl4q40fE |

おぉ、詳細なコメントありがとうございます!

> 1の-9乗ではなく、10の-9乗ですよね。

あうー、直しておきます。

> タイマー、もしくはプログラムで使途に接触したら発射とか。

なるほど、ありそうですね。
まぁ、確かに「なんで21世紀に戦艦?」って話なんですけどね~。

陽電子砲についてはおっしゃるとおり、一般に実現可能性は低いと言われているようですね。

エヴァのSF設定は割と面白い話題なので、そのうちコーナーを作ろうかと思っています。が、いかんせん知識が少ないので難しいです。よろしかったら、またコメント等でご教示ください。
| Adrienne | 09/11/29 00:35 | 0HlzaoTk |

自分で答えられる事でしたら喜んで。

前のコメント、最後が切れてましたね。字数制限に引っかかったのかな。

その際に出るエネルギーがものすごい量になるはず。

と書いたんですが。まぁ、切れたのは少しだし、意味は伝わりそうですが。

キングス弁は
1:ミサトは荷電粒子砲を荷粒子砲と略す人だから、キングストン弁を略した。
2:キングスイングリッシュの意味で使った。
という可能性も考えられますね。

他に疑問はマグマダイバーの時、弐号機はごつい装備で潜ったのに、助けにいった初号機は生身のまま・・・
ATフィールドで多少緩和されるにしてもかなり熱いはず。シンクロしているシンジの体感温度もそれなりだろうし。
他にも、マグマは冷えると固まるから、冷却液のパイプが壊れて漏れたら、そ
| ウェッジ | 09/12/01 22:19 | gl4q40fE |

また長すぎだったのか。

マグマは冷えると固まるから、冷却液のパイプが壊れて漏れたら、その周りで固まるだろうし、冷却液の方も、800度以上に加熱される訳だから、気化・膨張して、爆発しかねないかと。深ければ圧力で膨張が押さえられて平気かもしれませんが。
マグマがただの赤い水って感じでした。
| ウェッジ | 09/12/01 22:29 | gl4q40fE |

なるほど、キングス弁は荷粒子砲と似通ったセンスですね。

マグマダイバーのあれ、たしかに変ですよね。まぁ、シンジのヒーロー性を強調した演出だったのでしょうけどね。

> マグマがただの赤い水って感じでした。
浅間山のマグマは安山岩質で粘性が高いという話もあるようです。
だから、余計、赤い水っぽい描写はおかしいですよね。


えと、文字数制限ですが、デフォルトで1000bytesに制限されていたようです。自分でも気がついてませんでした。すみません。
慌てて、8192bytesに拡張しました。
| Adrienne | 09/12/01 23:50 | 0HlzaoTk |

うわー、キングストン弁のリンク見てなかったから、方言とか訛りの一種だと思ってた(津軽弁とかみたいな)。
まぁ、ちゃんとリンク先を見ないのが悪いのですが・・・
キングストン弁に関する2番の回答は恥ずかしすぎるな。

あと、文字数制限を増やしてくれてありがとうございます。

さて、ダミーシステムについて、レイの素体が使われているとしたら、ダミープラグはともかく、命の選択をの時のダミーの中にまで素体が入っているんでしょうかね。あの中に詰め込まれているとしたら非人道的なんてレベルじゃないですが。
それとも、シンジが乗っていれば素体は必要なくてプログラムだけでもいいのか・・・

さて、自分の記憶の範囲では、疑問や回答はここまでかな。あとはDVDを見直さないと。でも、あら探しをするために見るのって気が向かないなぁ。まぁ、ちゃんと見直していればキングストン弁の間違いはしなかったんでしょうが。
| ウェッジ | 09/12/04 19:19 | gl4q40fE |

ダミーシステムの実態については、本当に諸説紛々なんですよね~。

あと、初号機のコアにはユイさん、弐号機のコアにはキョウコさんの魂が入っているってのはほぼ確定ですが、零号機はどうなんだ、ってのもありますよね。
このへんもそのうち考察してみたいと思っています。

それから、実は当サイトでは、
http://www.cometeo.com/room/DKBptDAB/
で、チャットをやっています。毎週金曜(奇しくも今日金曜ですね♪)、午後11時以降たいてい私がいますので、もしお暇があったら覗いてみて下さい。
| Adrienne | 09/12/04 20:40 | 0HlzaoTk |

せっかくのお誘いですが、金曜日の夜はオンラインゲームで毎週、定時の活動があるんです。10人以上で協力して強敵と戦っている頃だから、チャットは無理そうです。

魂のことは確かに謎ですね。気がつきませんでした。
零号機の中には・・・レイ(一人目)の魂とか?でも一つの魂を使い回しているとしたら無理だしなぁ。
そもそもレイの魂とは?ユイさんの魂っぽい気もするけど、それは初号機の中だし。
レイを作ったときに、魂も一つだけ生まれたとか?

そういえば、新劇場版 破 でマリが弐号機を動かせたのも変ですね。
というか、新劇場版はエヴァの中の魂の問題が複雑すぎる。
参号機にアスカを乗せるってことは、参号機にキョウコの魂を移した?
じゃぁ、その後の弐号機の中の魂は?
アスカの状態からしてキョウコの魂を戻すとは考えにくいし、そもそも参号機に入れてたとしたらキョウコの魂が無事なのかも怪しい。
密入国した?マリに合わせて換装するのも変だし、そもそもマリの母親の魂入り?の五号機は自爆してるし。
エヴァの中の魂がどうなっているのやら。
| ウェッジ | 09/12/05 14:19 | gl4q40fE |

それは残念でした。

魂関連の考察は面白そうですね。レイの体はユイ、魂はリリスのものとも言われていますが、あんな白くてぷよぷよした化け物の魂ってどんなだろう(笑
| Adrienne | 09/12/05 19:51 | 0HlzaoTk |

なるほど。
となると、零号機の中の魂は、シンジ、レイ両方とシンクロするから
1:ユイの母親つまり、シンジの祖母
2:実は碇レイが居た。流産or死産or赤ん坊の内に死んでしまったシンジの姉もしくは妹が居て、その魂が入っているとか。
後何かあるかなぁ

レイのシンクロ率がシンジより低いのは、レイはエヴァの中の魂と体の相性はいいけど、魂の相性が悪い分、体も魂も相性のいいシンジに劣るからなんですかね。
| ウェッジ | 09/12/06 22:15 | gl4q40fE |

そう言えば、3号機のコアにトウジの妹の魂が入っているって説も見たことあります。
ってか、殺すなって感じですよね(^^;

普通に考えればトウジの母の魂だと思いますけどね~
| Adrienne | 09/12/06 23:22 | 0HlzaoTk |

零号機の中について、ちょっと気になる事があって23話「涙」を見直してみたんですが、綾波が使徒に浸食されたとき、最初に
エヴァの中の私?
と言っているから、零号機の中にも綾波が入っているのかもしれませんね。
綾波の魂がエヴァの中に有るからリリスの魂を入れているとか。

そういえば、綾波を初めて見たときの赤城(母)が、綾波のことを知らない感じだったって事は、綾波を作るときに、最初は赤城博士が関与していなかったって事ですよね。
マヤの件と同様これも変な感じがしますね。
| ウェッジ | 09/12/11 01:20 | q0r6PWQE |

> エヴァの中の私?
なるほど、言われてみればそうでした。

赤木母が綾波のことをよく知らない感じだったのはかなり変ですね。
チビレイがなんとなく赤木母に敵意を持っていたらしいのも。
| Adrienne | 09/12/11 21:17 | 0HlzaoTk |

ちょっとネルフ誕生を見直してみました。
赤城母は綾波の事調べたりしているから本当に知らないみたいですが、殺すときには
「あんたなんか死んでも代わりは居るのよ」
と言ってるから、この時には綾波の事をよく知っている。
途中から綾波の事に関与するようになるくらいなら最初から関与させるだろうし、自分で調べ上げたというのも、コンピューターの扱いはともかく、加持さんみたいなスパイの技術があるとは思えないし。
そもそも、コンピュータの専門家で、ありながら、人造人間とかクローンとか、生命工学?もこなすって万能過ぎる。どっちか一つしか無理だろ。

ちびレイが敵意持っているかどうかはなんとも・・・レイの発言自体は感情がないような感じだったし、途中からのは赤城母の幻聴っぽいし。
まぁ、ゲンドウが「ばあさん」とか「用済み」とか「しつこい」とか言っているのを聞いたら悪い印象を持つだろうし、敵意を持っていても不思議はないですが。
あと、元になったユイのゲンドウの妻としての意識が働いて、愛人である赤城母に敵意を持ったというのもあり得るかも。
| ウェッジ | 09/12/19 23:14 | q0r6PWQE |

そうなんですよね。赤木親子は、昔のアニメの「博士」の影響なんじゃないかと思います。昔のアニメにはよく、なんでもできて、なんでも知っている「博士」が登場して、ストーリーを説明する役割を負っていましたからね。

> 途中からのは赤城母の幻聴っぽいし。
そっか、チビレイの敵意のようなものはナオコさんの妄想なのかも知れませんね。なるほど。
| Adrienne | 09/12/20 01:10 | 0HlzaoTk |

通りすがりの者ですが、赤城母とマギの話になぞらえて

科学者としてのユイ→ 零号機(暴走時にゲンドウに対して攻撃性?を示している点で女、母親ではない)
母親としてのユイ → 初号機(シンジとのシンクロ率の高さ。)
女としてのユイ  → レイ(赤城母への嫉妬心。シンジに対する反応に母性が皆無)

ってのはどうでしょう?
魂が分離したもしくは多重人格者だったとか(^^
| 通りすがりの者ですが | 09/12/24 20:36 | pttAFJhw |

通りすがりさん:

あ~、あるかも。

レイはユイの肉体とリリスの魂を持って生まれたとされているけど、それだと説明のつかない「女らしさ」がありますもんね。

女としてのユイがレイに受け継がれてるというのは、かなり説得力あります。
| Adrienne | 09/12/24 21:29 | 0HlzaoTk |

なるほど。
魂はサルベージしているみたいだし、分割もできるかもしれませんね。
エヴァはともかく、レイは一応人間だから1/3の魂では足りなくてリリスの魂も足して補っているかも。

あと、最近ふと疑問に思ったのですが、なんで葛城調査隊にミサトが参加していたんでしょうね。何で今まで疑問に思わなかったのか不思議だ・・・
中学生くらいで研究の助手が務まるとも思えないし、子連れで行くような場所じゃないですからね。
エヴァのパイロットが子供限定なように、アダムとコンタクトするために子供必要だったとすると、ミサトがかわいそうすぎる。
他になにか理由思いつきませんか?
| ウェッジ | 10/01/07 20:43 | q0r6PWQE |

> なんで葛城調査隊にミサトが参加していたんでしょうね。

そういえば不思議ですね。
うーむ、夏休みなどでたまたま会いに来てた、とかですかね~

それと今思ったんですが、「お父さんが苦手なのね。私と同じね」という台詞は、ゲンドウのこととも取れるし、父親にアンビバレントな感情を抱いている点で同じ、とも取れますね。
| Adrienne | 10/01/08 00:27 | 0HlzaoTk |
戦艦の水中の砲撃については電波の波長に超長波という大戦中、波長が長く少しなら水中にも届くことを利用して潜行した潜水艦に指令を送るのにも使われたものがある。しかし、波長が長いので、波長が短いほど多くの情報を載せることのできるという電波の性質からあまり多くの情報をのせられないので複雑な操作は難しいが、この信号が来たら発砲、あれが来たら前進といった単純な動きが出来るようにすれば、載せられる情報量が少ないという欠点も補ってある程度のことが出来る。この程度ならラジコンの何十年も前から標的艦など人を乗せるには危険な船の操縦などで行われてきており全く技術にも問題はない。
なぜ今更戦艦を使うのかについては、その砲が持つ貫徹力が挙げられる。
大和ならあのシーンのようにゼロ距離での接射で864ミリ、大和を除き最強の戦艦であり、あのシーンに出たアイオワ級なら829ミリの硬い装甲板を撃ち抜くことが出来る。定規持ってきて良く考えるとパッと聞くと大したことのないこの数字が凄まじいものであることがわかると思う。
ミサイルは基本的に貫通力重視ではない為ここまで貫通力にすぐれない。
| 戦艦オタ | 16/03/27 05:01 | DlFJBxus |
戦艦オタさん:

なるほど~。水中でも遠隔操作できるんですね。エヴァの世界では基本的に通常兵器は効かない設定だけど、あの戦艦の主砲は結構効いてましたね。やはり貫通力ってことでしょうか。
| Adrienne | 16/03/27 21:06 | coE7XKu6 |





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/36
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   10 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS