霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

ケータイはこちら | サイトマップ | 中文 | English

メモ


インペリアム ローマ
(アニメを見るのに)忙しくてヒーコラしているのですが、無謀にも去年買って積んでおいたゲームまで始めてしまいました。

インペリアム ローマです。

今、史実ミッション(と言うものの、どの程度史実に則っているかは不明)をやっていますが、少なくともローマ史に対する興味をそそるという意味では成功しているゲームではないかと思います。



内容は、市民の要求を満たしながら町を発展させるという典型的箱庭ゲームです。最初は小麦の粥で満足していた市民が、次第にパンとソーセージを求めるようになり、しまいにはサーカス・マキシマスやコロッセウムを要求するようになる、といった具合です。
各生産段階に達するにはそれ以前の段階の設備が必要、という意味では Tropico などに似たシステムですね。

もっとも、Tropico ほど難しくはありません。あれは、電気を引くには発電所が必要→発電所を建てるには大卒者が必要→大学を建てるには高校が必要→高校には教師として大卒者が必要、みたいな感じでしたからね(´ω`;)

こちらは一つのシナリオが30分からせいぜい1時間くらいで、サクッとプレイできます。遊びやすさから言えば、SimCityに近いかもしれません。ただ、SimCityにはない要素として、軍事があります。とはいえ、これもかなり簡略化されていて、特に工夫しなくてもたいていの場合勝つことが出来ます。



基本的には内政重視のゲームですね。まぁその内政も割と簡単で、出来上がった町をまったりと眺めるのが本来の楽しみ方かもしれません。↓



ローマ人は、粗末な家屋を「マガリア」、普通の家を「カーサ」、立派な家を「ドムス」、超立派な邸宅を「ヴィラ」と呼んで区別していたそうで、このゲームでも、最初マガリアしか建てられませんが、都市が発展するにつれてドムスやヴィラへと変化していきます。出世魚みたいですね(笑
ちなみに、チョロチョロと動き回っている市民には、一人一人ちゃんと名前、職業、財産などの属性があります。職がなく私財の蓄えもない人は、犯罪者となって、町の建物に火を付けたりします(・∀・ ;)
また、正常な都市運営のためには市民の2倍以上の奴隷が必要です。奴隷には一切人格が認められておらず、現代で言うところの機械みたいな扱いです。
このへんの乾いたセンスはさすが洋ゲーといったところです(笑

尚、公式ページに64bit版Vistaには未対応との表記がありますが、手元の64bit版Windows7では快適に動作しています。

| ゲーム | 21:18 | comments (2) | trackback (0) |
コメントをどうぞ

僕もこういうゲーム好きで、トロピコ、シムシティ2000、black&whiteとかやってました。
でも難しすぎでした。よく分かりませんでした。
ワクワク感だけで満足させられてました。

このゲームも、スクリーンショット見るだけでワクワクしてきますね!
| しかっくん | 10/11/30 17:55 | JVYM/ZIk |

私はポピュラス、シヴィライゼーション、トロピコ、レイルロードタイクーン、シムシティ、国産ではA列車で行こうなど、結構やりこんでる、箱庭ゲーオタです(笑

インペリアム ローマはローマ史の豆知識やラテン語の諺が学べておすすめです。しかっくんも受験が終わったらやってみて~
| Adrienne | 10/11/30 21:11 | 0HlzaoTk |





この記事のトラックバックURL
http://adrienne.mints.ne.jp/diary/tb.php/68
トラックバック


  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
Pixiv
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACK
LINKS