霧島マナの日記 鋼鉄のガールフレンド

鋼鉄のガールフレンド攻略 | 碇シンジ育成計画攻略 | サイトマップ

点数計算:本場

あと、点数計算には、本場ってのがあるの。

麻雀の本場は関西やでぇ、とかそういう本場?

いいえ、そういう意味じゃないの。
親が和了ったら連荘ってのは既に説明したけど、その連荘のとき、場棒というものを積むの。

ばぼー?

そ、ばぼー。
例えば、東1局で親、つまり東家が和了、または流局でも東家が聴牌している場合、東家が100点棒を1本出して東1局1本場になるの。この100点棒は「1本場ですよ」っていう目印みたいなものね。で、1本あたり300点、点数に加算されるの。もし子のリーピンで2000点だったら2300点、みたいにね。 2本場なら600点、3本場なら900点。

でね、今、東1局2本場だとするわね。ここで、もし誰も和了れなくて流局になった場合、東2局3本場になるの。
つまり、上では連荘のときって言ったけど、正確には、本場数は親以外の誰かが和了るまで増え続けるってこと。

なるほどー。

分かったわ。

点数計算:ウマ・オカ

それから、ウマ・オカね。これらは両方ともトップ賞的なルールなの。
まず、ウマだけど、これは簡単。代表的な5・10(ごっとー)だと、トップを+10、二位を+5、三位を-5、四位を-10とするわけ。

1位 → +10
2位 → +5
3位 → -5
4位 → -10

+10ってどういうこと? 100点が最低単位じゃなかったっけ?

あ、この場合の5とか10とかいうのは1000点単位ね。5ってのは5000点ってこと。

ふむふむ。4位は-10ってことは、ビリの人は追い打ちのようにさらに10000点取られるってことかな?

ええ。富める者はさらに富み、貧しき者はさらに貧しくなる、という資本主義の縮図みたいなルールね。

次、オカ
オカを説明するには、まず配給原点と返し点という概念を知って貰わないといけないわ。ま、そんなに難しい話じゃないんだけどね。
要するに、最初に持ってる点棒が配給原点、最後の精算のとき浮き沈みの基準になるのが返し点なの。とりあえず、あんたたちは、配給原点が25000点返し点が30000点と覚えておきなさい。

ウマ・オカ

でね、上の図を見て。左側の4本のグラフが開始時で、右側の4本が終了時ね。
見て分かると思うけど、返し点と配給原点の差x4がオカとしてトップの人に与えられるの。例えば、終わってみたらトップで、得点が48000点だったとするでしょ。そしたら、返し点との差18000(+18)に、20000(+20)を加えて、+38になるってことね。ここで、さっき言ったウマも合わせて+48とかになったりするわけ。

トップが凄く有利なんだね〜

その通り。なにがなんでもトップにならなくちゃ、って感じでしょ。


Warning: include(/home/eztimeline/www/mints/google_ad_pc.inc): failed to open stream: No such file or directory in /home/2ch-ranking/www/mints/mahjong/mahjong_17_05.html on line 118

Warning: include(): Failed opening '/home/eztimeline/www/mints/google_ad_pc.inc' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/2ch-ranking/www/mints/mahjong/mahjong_17_05.html on line 118